(追記あり)【感動】果汁100%グミ「コロロ」グレープ味を日本酒に漬けて一晩置いたらオシャレなおつまみと美味しいお酒が一度にできた!!

写真拡大

(2015年10月20日 お詫びとお知らせ)酒税法違反を避けるため、飲む直前に日本酒とグミを混ぜていただくようお願いいたします。記事内容の確認不足があったことをお詫びいたします。

お酒も飲みたい、甘い物も食べたい、ちょっと変わったおつまみが欲しい、しかもオシャレなのを希望……そんなわがままな飲んべえさんに朗報!!

「まるで本当のブドウのよう」と話題を集めているUHA味覚糖のグミ「コロロ」を、ひと晩日本酒に漬けてみたら……オシャレなブドウ風おつまみと、美味しいアルコールドリンク「コロロ酒」が同時に生まれちゃいましたよ!

【必要なのはグミとお酒のみ】

用意するのはUHA味覚糖のグミ「コロロ」と日本酒のみ。今回はグレープ味の「コロロ」と、菊水を使いました。

干しぶどうのようなグミ「コロロ」を容器に開けて、

日本酒「菊水」を容器にジャーっと注ぎ、

冷蔵庫で一晩寝かせます。

一夜明けて冷蔵庫から取り出してみると、透明だった日本酒がロゼのように薄く色づき、干しぶどうのようだったグミはお酒を含んでピチピチに。これはお味のほうも期待できそう!!

【いざ、実食】

さっそくグミを一粒食べてみると……?

表面の膜をプチっと噛むと、中からトゥルントゥルンの果肉のようなゼリーがあふれ出てきます。舌触りも、香りも、まさに熟れて濃厚になったブドウのよう。これが、昨日まではグミだったなんて信じられません。

美味し過ぎてパクパク食べていたら、ほろ酔い気分に。ブドウを食べているのに酔える。この感覚も楽しいっ!! クリームチーズと一緒にクラッカーに乗せれば、オードブルとしても使えそうです。

一方、日本酒はというと……?

日本酒の風味にブドウの香りと甘味が融合し、とても飲みやすい美味しいお酒「コロロ酒」(記者が勝手に命名)ができました!

日本酒というより、ワインというより、「ブドウ酒」という感じ。色合いも風味もグーンと良くなり、まるで夢のよう。グイグイいけちゃいます。

【お酒の弱い人は要注意】

ただし、「コロロの日本酒漬け」も「コロロ酒」も、どちらもアルコールがしっかり入っているので、ばっちり酔います。お酒の弱い人は注意してね。

いつもとはちょっと違うアルコールタイムを演出するのに最適な「コロロの日本酒漬け」と「コロロ酒」。簡単に作れるので、みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

参考=twitter
執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る