Doctors Me(ドクターズミー)- 男性だけではない⁉︎女性でも痛風は起こる?

写真拡大

痛風と聞くと、男性の病気と思われがちですが、じつは女性でもなるのをご存知でしたか?今回は、そんな痛風の知っているようで知らない真実を医師に教えていただきました。

痛風って、どんな病気

足の親指の付け根がものすごく痛くなる、栄養過多気味の男性が罹る病気、といったイメージをもつ方は多いと思います。確かに、実際に患者の9割以上が男性とされています。ただ、ごく一部ではありますが女性でも患う方がいるのも事実なのです。

女性がなりにくい理由

痛風は血中の尿酸値が高くなることで発症する病気です。具体的には、血清尿酸値が7.0咫dlを超える状態が2〜3年以上続かないと発症することはないとされていますが、女性の場合、女性ホルモンの働きで尿酸が排泄されやすいといった特徴があるため、血清尿酸値が上がりにくいとされています。
具体的なメカニズムとしては、腎臓から尿酸を排泄、吸収するトランスポーターと呼ばれる部分が、女性ホルモンの影響を受けるとされているのです。

女性も油断禁物!特に年配者は要注意

しかし、女性ホルモンの量が急激に減る閉経後になると、女性であっても尿酸値はやはり高くなる傾向にあります。もちろん、遺伝的な要素や薬剤の影響、食生活などによってはその限りではなく、閉経前の女性でも痛風になることも……。

痛風になってしまったら……

激烈な痛みを伴うといわれる痛風発作ですが、現在では痛みに非常に有効な薬があり「嘘のように楽になる」という患者さんが多くいらっしゃいます。しかしながら、食生活の改善や、尿酸を下げるお薬などによる根本的な治療を行わないと、発作を繰り返しているうちに関節のまわりに結節ができたり、尿酸による尿路結石ができたり、腎臓の機能に問題が出てくることもあります。また、薬で収まるといっても、痛風発作は非常な痛みを伴い、繰り返すのはつらいものです。

医師からのアドバイス

尿酸値が高い、と健診などで指摘されたら聞き流さず、女性であってもしっかりした内科的な治療を受けることが必要ですよ。