吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-0 カンボジア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は3日、W杯アジア2次予選でカンボジア代表と対戦した。

 打点の高いヘディングはセットプレーの武器であり、ハイボールのターゲットにもなる。だがこの日、吉田麻也が決めたゴールはミドルシュートだった。それも、抑えのきいた低い弾道だ。

「高校生以来なんで、ああいうのは」と笑みを浮かべて振り返った吉田だが、「監督も試合前から何度も何度もミドルシュートって話はしていた」と、指揮官の要求に応えた形だ。終始、日本が押し込む展開となり、守備の機会はほとんどなかった。それもあってあのポジションに顔を出すことができた。

 今回もシンガポール戦と同様に苦しんだが、「前半に点が取れたので、そんなに嫌な雰囲気にはならなかった」と明かす。こう着状態を脱し、精神的なゆとりをもたらす意味でも、先制点の価値は大きかった。

 ホームで勝利を掴んだことについては、「正直今日に関してはとにかく勝ち点3を取ることに何よりもプライオリティを置いていた」と、結果を追求したと吉田。次はアフガニスタンとの対戦だが、日本の守備の要は「アウェイですし、今日よりも確実に難しい試合になる」と警戒を強めていた。

text by 編集部