代表通算56試合出場で、この日5ゴール目を挙げた吉田。「ああいうのは高校以来」と振り返る。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大 (全4枚)

 
 もういい加減にゴールを決めてくれ――。50分に放った吉田の力強いミドルシュートには、そんな想いが込められていたかのようだった。
 
 28分に本田の無回転ミドルで日本が先制したが、これは相手GKの対応ミスとも受け取れる。61分に香川が決めた3点目も、あくまでこぼれ球を押し込んだものだ。もちろん、本田と香川のゴールも一連の流れから生まれたとはいえ、ある種の形になっていたのは吉田のゴールだけだろう。
 
 日本が一方的に攻め続け、エリア内にもあれだけ自由に出入りできる状況にあり、実際に何度も切り崩している。それでも肝心のゴールがなかなか決まらない……。攻撃陣やボランチが、打てども打てどもシュートは決まらず、業を煮やした吉田が“参考にしろ”と言わんばかりのお手本を示したのだ。
 
 吉田は「前半に点が取れたので、そんなに嫌な雰囲気にはならなかった」と語りながらも、決定力不足について「なんでか分からないですけど、(ゴールがなかなか)入らないですね」と首を傾げた。直接言及しなかったものの、決定力不足の背景には“シュート技術・精度の欠如”があるのは明白だ。
 
 ただし、自身の代表通算5ゴール目(通算56試合出場)については素直に喜んだ。
 
「監督は試合前から『ミドルシュート、ミドルシュート』と何度も言っていました。気持ち良いもんですね。ああいうゴールは、多分、高校時代以来だと思います。(ゴールパフォーマンスを監督に向けてやっていたのは)ちょっと前にFKを失敗していたので、多少、練習した甲斐があったというのをアピールしました」
 
 日本がカンボジア戦で放ったシュートは計34本(前半12本、後半22本)。そのうち、あと数本でも吉田のミドルシュートのような精度があれば、ゴール量産につながっていただろう。吉田のゴール自体は、手放しで称賛されるものだ。しかし、CBの放ったシュートが模範となるようなチーム状態は、決して健全とは言えない。
 
 
 ミドルシュートは偶然ではなく、後方からチャンスを狙っていたと吉田は振り返る。
 
「もちろん中盤の選手もチャンスがあったと思いますが、僕とモリゲ(森重)のところでもかなり押し込んでスペースができていたので、チャンスはあると思っていた」
 
 さらに、ゴール時の大胆な上がりについても回想する。
 
「中盤が(攻撃で)行き詰っている状態の時、(CBが上がると)瞬間的に(後方は相手と)同数になりますが、それぐらいは大丈夫だと思うので、そこで良い形でボールを受けられればと思っていた。トラップが上手くいったので良かった」
 
 前半の日本は、後方で人数が余りすぎる傾向にあった。ワールドカップ予選である以上、万全のリスクマネジメントを施したゆえだろう。だが、カンボジアとの圧倒的な力量差を考えれば、その姿は“小心”にも映った。ハリルホジッチ監督もそう感じたのだろう。
 
「ハーフタイムに監督から『もっとミドルシュートを』という指示が改めてあり、2点目が大事だという話もしていた。(自分が)2点目を決めて……監督は不敵な笑みを浮かべていました」(吉田)
 
 果たして、吉田の思い切りの良い上りから、鮮やかなミドル弾が生まれたのである。指揮官の「もっとミドルシュートを」という指示をすぐさま体現したのだ。
 
 一方、CBとしての役割はほぼ完璧と言って差し支えない。カンボジアをシュート1本に抑え込んでおり、危ない場面は皆無だった。CBでコンビを組んだ森重もこう証言する。
 
「こういう試合(日本が一方的に押し込んでいる展開)は、CBにとって難しいというのは分かっていた。麻也とコミュニケーションを取りながら、クリアボールを自分たちが拾えたし、危ない場面も一度もなかった。後ろはパーフェクトに仕事ができたと思います」
 
 
 あれだけ日本のワンサイドゲームでありながら、シュート34本で3ゴールは決して褒められる内容ではない。吉田もこの日の結果に「最低限のところかなと思います」と語る。
 
「ホームで勝点3は落とせないですし、正直、今日に関しては、とにかく勝点3を獲ることにプライオリティを置いていた」
 
 ハリルホジッチ体制5試合目での初勝利に、「一歩踏み出せた」と吉田は安堵の表情を浮かべた。もっとも、「シンガポール戦の後に東アジアカップもあって、サポーターや国民の皆さんが落胆していたと思う。僕らはまだまだこれからだというのを見せていかないといけないし、自分たちでそれを証明しないといけない」と気を引き締める。
 
 それも当然だろう。吉田の鮮やかなミドル弾によって、逆にチームが抱えるシュートの課題が一層鮮明となったのだから。CBのシュートが「お手本」であるうちは、アジア予選で苦戦を強いられそうだ。
 
 
取材・文●大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)