興梠は6年3か月ぶりW杯予選出場「大事な試合に出られるのはうれしい」

写真拡大

[9.3 W杯アジア2次予選 日本3-0カンボジア 埼玉]

 3-0とリードした後半33分、FW岡崎慎司と交代でピッチに立ったFW興梠慎三(浦和)にとって、W杯予選出場は岡田ジャパン時代の09年6月17日に行われたオーストラリア戦以来、実に6年3か月ぶりだった。

「緊張感のある試合、こういう大事な試合に出られるということは自分にとって本当にうれしいこと」

 ハリルホジッチ監督の“抜擢”を意気に感じる29歳は「スペースがなかったので、チャンスがあるとしたらサイドからだろうと思い、クロスには対応するように心がけていた」と、出場から4分後にはDF長友佑都のクロスに頭を合わせてシュートを打った。

 周りを生かすことも心がけた。「自分はパサーがいて生きるタイプ。でも、(前線に)宇佐美や(原口)元気のようなドリブラーが入っていたので、ボールが出てくるということはあまりないと思った。だから、自分が動くことで元気や宇佐美が使えるスペースをつくろうと思った」

 今回の合宿に入る前、興梠は高校時代からの良きライバルである同い年の岡崎との久々の再会を心待ちにし、「自分と(プレミアリーグの)オカちゃん、どれだけ差がついたのか。それが楽しみ」と話していた。「差」というのは冗談めいた言い方ではあるが、興梠らしい謙虚な気持ちの表れでもあった。

「前半はオカちゃんの動きやボールの受け方を見ていたが、どのポジションも運動量がないとやっぱりチャンスは来ないのかなと思った」。この言葉からも分かるように、興梠には欧州でのプレーが6シーズン目となった実力者から何かを盗もうという心意気があった。

「チームとしては、これだけ引かれた中でも3点取れたということは、(0-0だった)シンガポール戦に比べて成長できたのではないか。次にチャンスがあれば自分も決めていきたい」。飄々とした口調の奥に、闘志をのぞかせた。

(取材・文 矢内由美子)


●ロシアW杯アジア2次予選特集