狙い目はXperiaからiPhoneへ 中古スマホ最新ランキングに異変!?

写真拡大

6月頃より続いている、中古Xperiaの高騰が止まらないのだ。
こうした動向はランキングにも影響がでてきている。
中古携帯売買ページ「ケータイ★アウトレット」を運営するSBIライフリビング株式会社は、ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキングを発表した。

●Xperia Z3 Compactが1位になるも2位以下に変動が
1位は、9か月連続で「Xperia Z3 Compact SO-02G(NTTドコモ)」となった。
コンパクトな本体と、高性能なカメラで人気を維持している。

しかし、2位は変動がでた。
今まで定位置だった「Xperia Z3 SO-01G(NTTドコモ)」にかわって、「iPhone 6(NTTドコモ)」がランクインしてきたのだ。

この異変には、いくつかの要素が考えられる。
1つはXperiaの値上がり、もう1つはiPhoneの値下がりだ。
この2つの要因が、ランキングの変動をもたらしているようなのだ。

同ランキングページでも指摘されている。
・Xperia Z3の人気が維持しているが品薄となってきた
・9月に次期iPhoneが発売される見込みで、前モデルとなるiPhone 6が値下がりしている

というものだ。

●Xperiaは半年で大幅値上がりへ、に対して値下がりを続けるiPhone
それでは、具体的にどのぐらい値段が変わったのだろう。
今年3月と、8月の平均価格には大きな差があるようなので見てみよう。
・Xperia Z3 Compact SO-02G 3月:3万8252円 8月:4万6444円(8192円増)
・Xperia Z3 SO-01G 3月:4万6430円 8月:5万8625円(1万2195円増)
・ドコモ版iPhone 6 3月:7万5477円 8月:6万4044円(1万1433円減)
・ドコモ版iPhone 5s 3月:4万9422円 8月:4万5677円(3745円減)

このように、Xperiaは大幅に値上がりしているのに対して、iPhoneは値下がりが続いている。

上記の価格はあくまでも平均価格である。実際の個別の価格では、もっと差がついている可能性もある。
こうした現状を踏まえて、現在中古スマホをゲットするのであれば、iPhoneが狙い目なのは間違いないようだ。

iPhone 5sやiPhone 6では今秋配信される予定の「iOS 9」にも対応しているため、アップデートして最新iPhoneのように利用することも期待できる。
対してXperia Z3シリーズはさらに品薄が予想されるため、今後の値下がりは難しいだろう。
したがって、これからしばらくの間はiPhoneが狙い目となりそうだ。

●ランキングはiPhoneとXperiaで占める
さて、最新(2015年8月度)の中古スマホランキングだが、以下のようになった。
1位:(前回1位→)Xperia Z3 Compact SO-02G(ドコモ) 平均価格4万6444円
2位:(前回3位↑)iPhone 6(ドコモ) 平均価格6万4044円
3位:(前回4位↑)iPhone 5s(ドコモ) 平均価格4万5677円
4位:(前回2位↓)Xperia Z3 SO-01G(ドコモ) 平均価格5万8625円
5位:(前回5位→)Xperia Z4 SO-03G(ドコモ) 平均価格7万9151円
6位:(前回6位→)Xperia Z3 SOL26(au) 平均価格4万1395円
7位:(前回12位↑)iPhone 6(ソフトバンク) 平均価格5万5350円
8位:(前回8位→)iPhone 6 Plus(ドコモ) 平均価格7万7029円
9位:(前回11位↑)iPhone 5s(au) 平均価格3万1987円
10位:(前回7位↓)iPhone 6(au) 平均価格5万2208円

依然、ドコモの通信網を使った格安SIMがそのまま利用できるスマホが強く、ランキング上位を占めているが、mineoなどau系格安SIMの利用できるXperia Z3 SOL26が4万円前後と比較的手頃なのも注目したいポイントだ。

2015年8月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング


布施 繁樹