香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-0 カンボジア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は3日、W杯アジア2次予選でカンボジア代表と対戦した。

 カンボジア相手に3-0。シンガポール戦の嫌な記憶を思えば、勝利したことはポジティブに捉えられる。しかし、3点しか取れなかったという方が正しいだろう。

 ゴールを決めた香川真司も「まあ4〜5点、5〜6点入らなきゃいけなかった試合ではある」と満足していない。

 ダメ押し弾を決めたものの、前半終了間際にはビッグチャンスを逸している。武藤嘉紀の速いクロスに完全フリーで右足を当てるも、ミートできず。この場面については「慎重に行き過ぎて固くなったと思いますけど、あってはいけないミス」と反省した。

 この日のゴールで代表通算21点とし、中山雅史氏に並んだ。これに関しては「歴代の人たちが築き上げてきたものを、僕らの世代がもっともっと超えていけるようにしていきたい」と語った。

 ただ、決めるべきところを決めていれば先人の記録をひとつ更新できたのも事実。勝利には貢献したが、香川の実力を考えれば手放しの称賛はできないだろう。

text by 編集部