短い出場時間にも結果を求める原口「チャンスはあったから決めないと」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が3日に行われ、日本代表は3−0でカンボジア代表を下した。

 序盤から攻め続けた日本は28分にMF本田圭佑のミドルシュートで先制し前半を終えると、50分にDF吉田麻也が追加点となるミドルシュートをゴール左隅に決めた。61分にはMF香川真司にもゴールが生まれ3−0の勝利を飾っている。

 この試合に82分から出場したFW原口元気は試合後、「1つ前で受けてゴールを狙っていました。ちょっと短かったけどチャンスはあったから。まあ結局今、俺に与えられた時間は8分なわけですし、そこで結果を残さないと出場時間は伸びていかないから。8分でも結果を残して行くしかないので。それができなかったから次に試合もあるので切り替えてそこで結果残したいです」と限られた時間の中で結果を残せなかったことを悔やんだ。

 右サイドでのプレーについては、「全然問題なかった。でも今日の感じだと、シュートを狙いたかったから左のほうがよかったですね。スタートだと右でもクロスとかも上げれるし、まあどっちでも大丈夫なんですけど」と左右どちらのポジションでも問題はないと主張。

 また、「3−0になってから交代したので、(途中出場3人の)誰か1人でも決めたかった。チャンスはそれぞれあったからもっと決めないといけないです」と交代で出る選手がしっかり結果を残さないといけないと述べている。

 自身の結婚については、「今日は(奥さんが)見に来てました。次またチャンスもらえたら、短くても長くても点を取りたいですね。それがチームのためにもなるので」とコメント。浦和レッズ時代のチームメートであるDF槙野智章は結婚をニュースで知ったようだが、「いや、さっきマキに怒られました。ちょっと恥ずかしいからね。そういうのは(笑)。」と報告していなかったことを明かした。

 日本代表は、8日にイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムでアフガニスタン代表と対戦する。