ミドル弾で貴重な追加点決めた吉田麻也「ここから巻き返していく」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が3日に行われ、日本代表は3−0でカンボジア代表を下した。

 序盤から攻め続けた日本は28分にMF本田圭佑のミドルシュートで先制し前半を終えると、50分にはDF吉田麻也がミドルシュートをゴール左隅に決め加点。61分にはMF香川真司にもゴールが生まれ3−0の勝利を飾っている。

 貴重な追加点を挙げた吉田は試合後、「ミーティングでもミドルシュートというのは言われていたので、トライしてみようと思っていました。相手がかなり引いていて、攻め込んだ中で上手く点が取れてよかったです」と自身のゴールを振り返った。

 そして、「ハーフタイムに監督が(山口)蛍とハセさん(長谷部誠)に指示していましたけど、僕とモリゲ(森重真人)のところでも十分チャンスはあったので。モリゲにも点取った後、どんどん行っていいよと言いました。ああいう形で点を取るというのはシンガポール戦ではなかったところなので、よかったです」と、CBの2人も高いシュート意識を持っていたことを明かしている。

 チーム全体に関しては「3点目取った後少し後退してしまったので、4点目取れればよかったですけど。でも全体的には悪くなかったと思います。守備はしっかりゼロに抑えてほとんど相手にチャンスを作らせなかったですし、次の試合でも続けていきたいです」と述べた。

 最後に、「シンガポール戦の後、そして東アジアカップで皆さんを失望させてしまったと思うので、ここから巻き返していきたいなと思います」と今後に向けて語った。

 日本代表は、8日にイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムでアフガニスタン代表と対戦する。