麻也ミドル弾「ミーティングで言われていた」

写真拡大

[9.3 W杯アジア2次予選 日本3-0カンボジア 埼玉]

 後半5分、DF長友佑都のキープからMF山口蛍を経由したボールをDF吉田麻也が受ける。「ミーティングでもミドルシュートっていうのは言われていたのでトライしてみたいと思っていた」。迷わず右足を振り抜くと、低い弾道のシュートはゴール左隅に収まる。「攻め込んだ中で上手く点が取れて良かった」。ゴール後には会心の笑顔で、代表通算5ゴール目を喜んだ。

 そして、麻也は守備面での収穫も口にする。「全体的には悪くなかったと思いますし。守備はね、本当に集中を切らさずにゼロで抑えること、ほとんど相手にチャンスも作らせなかったですし、次の試合でも続けていきたいなと思います」。次戦は8日のアフガニスタン戦。「シンガポール戦の後、東アジア杯でも多くのサポーターの皆さんをすごく失望させてしまったと思うので、ここからまた巻き返していきたいなと思います」。プレミアリーグで不動のCBのレギュラーを張る27歳が、日本代表に安定感をもたらす。


●ロシアW杯アジア2次予選特集