無回転ミドル弾の本田、勝利喜ぶも「もっと質の高いプレーを見せたかった」

写真拡大

 ロシア・ワールドカップ アジア2次予選が3日に行われ、日本代表とカンボジア代表が対戦した。試合はFW本田圭佑、DF吉田麻也、MF香川真司が得点を奪い、日本が3−0で快勝を収めている。試合後、決勝ゴールを決めた本田がインタビューに応じた。

 日本は引いて守る相手をなかなか崩せずに苦しんだが、エースの一発がチームに勢いをもたらした。先制ゴールとなったミドルシュートについて本田は「前が開いていたので、打ってみようと思ったら…まぁ、コースはあまり良くなかったんですけど、いい感じで入ってよかったです」と思い切り狙ったことがポイントだったと振り返った。

 試合の入り方については「慌てずに守備を崩してやっていこうという話だったんですけど、カンボジアの選手も頑張ったので、思った以上に苦しんだという印象がありますね。そのなかで1点取れてよかったです」と述べ、相手の人数をかけたディフェンスに苦しめられたことが印象に残っている様子。

 3ゴールという結果については「もっと質の高いプレーを見せられたんじゃないかと思っています。勝利という点では納得できますけど、内容ではもっと質の高いプレーを見せたかったなというふうに思います」と、内容について納得いくものではなかったと語っている。

 最後に、これから迎えるアウェーゲームについては「練習する時間があまりないので、そんな簡単に…3日、4日で修正できるものではないですが、コミュニケーションを取ることで改善できる部分をみなさんに見せていけたらと思います。しっかりコンディションを保つことが大事になると思うので、毎試合理想のプレーを追求して、コンディションを保っていきたいと思います」と、更なる質の向上を目指してプレーすることを誓った。

 日本代表は、8日にイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムでアフガニスタン代表と対戦する。