格下カンボジアに物足りない3-0、本田&麻也のミドル弾に香川がハリルJ初ゴール

写真拡大

[9.3 W杯アジア2次予選 日本3-0カンボジア 埼玉]

 日本代表は3日、W杯アジア2次予選でカンボジア代表と対戦し、3-0で快勝した。前半28分、FW本田圭佑の弾丸ミドルで先制すると、後半5分にもDF吉田麻也のミドルシュートで追加点。後半16分にはMF香川真司がハリルジャパン初ゴールとなる3点目を決め、FIFAランキング180位の格下相手にきっちり勝ち点3を手にした。6月16日のシンガポール戦はホームで0-0の引き分けに終わった日本だが、予選2戦目で初勝利。チームは明日4日にイランへ移動し、8日にアフガニスタン代表と対戦する。

 招集外のGK川島永嗣に代わってGK西川周作がゴールを守った日本の4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都。中盤はMF長谷部誠、MF山口蛍、香川の3人で、山口はW杯予選初出場初先発となった。前線は中央にFW岡崎慎司。右に本田、左にFW武藤嘉紀が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 立ち上がりから攻め込む日本は右SBの酒井宏、右ボランチの長谷部、右ウイングの本田が絡んで右サイドから押し込んでいく。しかし、前半5分、酒井宏のマイナスの折り返しに合わせた武藤のシュートはミートせず。同10分には酒井宏のパスを長谷部がワンタッチで流し、PA内右に香川が走り込んだが、左足のシュートはGKに阻まれた。

 次々とチャンスをつくり出す日本。前半19分、武藤の縦パスを受けた岡崎がDFを背負いながら反転し、左足を振り抜いたが、シュートはゴール右へ。同22分にはオーバーラップしていた吉田が本田の右クロスにヘディングで合わせたが、枠を捉え切れなかった。

 試合はワンサイドゲームとなり、日本が一方的に攻め立てるが、なかなかゴールネットを揺らすことができない。徐々にフラストレーションも募る中、嫌なムードを振り払ったのは背番号4の左足だった。前半28分、セカンドボールを拾った山口がPA手前の本田に預けると、本田は迷いなく左足を一閃。強烈なミドルシュートが、正面で構えていたGKの手を弾いてゴールに突き刺さり、待望の先制点を奪った。

 一気にボルテージの高まる埼玉スタジアム。前半30分、本田のスルーパスから酒井宏が右サイドのスペースに飛び出し、ダイレクトで折り返したが、フリーで合わせた香川の右足シュートはゴール右に外れる。同40分には左サイドから仕掛けた香川が山口とのワンツーでPA内に切れ込み、右足でシュート。しかし、これはGKに弾かれ、こぼれ球に詰めた岡崎のシュートもGKの好セーブに阻まれた。

 前半42分には武藤がゴールライン際までえぐってゴール前にクロス。フリーで走り込んだ香川は押し込むだけだったが、右足に当たったボールは勢いなくGK方向に飛び、決定機を生かせなかった。一方的な試合展開ながら前半は1点止まり。縦に急ぐ日本の攻撃は単調で、効果的なサイドチェンジもないため、いくらクロスを上げてもゴール前を固めるカンボジア守備陣に簡単に跳ね返される場面が目立った。

 それでも後半5分、再びミドルシュートでゴールネットを揺らした。カンボジアを押し込んだうえで長友がバックパスでPA手前の山口に戻し、山口が横パス。走り込んだ吉田がワントラップから右足を振り抜き、低い弾道のミドルシュートをゴール左隅にねじ込んだ。吉田は1月12日のアジア杯・パレスチナ戦(4-0)以来、国際Aマッチ5得点目。CBの一撃で2-0とリードを広げた。

 後半16分には本田の縦パスを受けた岡崎が鋭い反転から左足でシュート。DFに当たったこぼれ球を香川が右足で押し込み、3-0と突き放した。それまで決定機を生かせずにいた香川だが、これが1月20日のアジア杯・ヨルダン戦(2-0)以来、出場6試合ぶりのゴール。ハリルジャパン出場5戦目で日本の10番に待望の初ゴールが生まれた。

 日本は後半21分、武藤に代えてFW宇佐美貴史を投入。直後に長友の左クロスから宇佐美が決定機を迎えるが、右足のシュートはDFのブロックに阻まれた。試合は完全にハーフコートゲームとなるが、フィニッシュの精度を欠き、4点目を奪えない。後半33分、2枚目の交代カードで岡崎に代わってFW興梠慎三がピッチに入った。同38分には本田に代えてMF原口元気を投入。原口はそのまま右サイドに入った。

 交代枠を使い切った日本。後半40分、右サイドから原口がドリブルで中に切れ込み、パスを受けた宇佐美が左足を振り抜くが、シュートはクロスバーを越える。同42分には宇佐美が香川とのワンツーでゴール前に進入。右足で決定的なシュートを打ったが、GKが左足1本でセーブした。結局、試合は3-0のまま終了。5万4716人の観衆が集まった埼玉スタジアムで今予選初白星を飾ったが、6月11日の予選初戦でシンガポールがアウェーでカンボジアに4-0で勝っていることを考えれば、物足りないスコアとなった。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集

・3点は物足りないと言う本田「チャンスのつくり方が上手くない」と自戒

・ハリルJ初ゴールも逸機を悔やむ香川「あってはいけないミス」

・高校生以来の鮮やかミドル!? 吉田「気持ちがいいもんです」

・「何回センタリングしたか…」ハリルが感じた新たな課題

・進化の予感…岡崎、無得点も「何をすべきか感じた」

・今予選初出場の長友「倍以上は取れた試合」

・3得点すべてが海外組…宇佐美「奮起しないといけない」

・クロス供給し続けるも…酒井宏「バッチリ合う本数を重ねる」

・新婚の原口「次は短時間でも結果を残さないといけない」

・興梠は6年3か月ぶりW杯予選出場「大事な試合に出られるのはうれしい」

・監督会見