「ぼくは、破壊的で衝動的なパワーがある作品に一票を投じる」水口哲也:CREATIVE HACK AWARD審査員からのメッセージ(4)

写真拡大

応募締切まで1カ月を切ったCREATIVE HACK AWARD。審査員のひとりである水口哲也(レゾネア代表/慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授)は、「緻密さ」と「きめ細かさ」に加え、「大胆さ」をもつことが、日本のクリエイティヴをより強化する秘訣だと考えているという。そのためには不可欠な、「ハック」の技法とは?

「「ぼくは、破壊的で衝動的なパワーがある作品に一票を投じる」水口哲也:CREATIVE HACK AWARD審査員からのメッセージ(4)」の写真・リンク付きの記事はこちら
水口哲也|TETSUYA MIZUGUCHI
レゾネア代表/慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)特任教授。人間の欲求とメディアの関係性をリサーチしながら、ヴィデオゲーム、音楽、映像、プロダクトデザインなどさまざまな分野でグローバルな創作活動を続けている。ゲームの代表作として、「セガラリー」(1994)、「Rez」(2001)、「Child of Eden」(2010)など。また音楽ユニット・元気ロケッツ(Genki Rockets)のプロデュースや、Live Earth(2007)東京会場のホログラム映像によるオープニングアクトの演出など、作詞家・映像作家としての顔も併せもつ。2006年には全米プロデューサー協会(PGA)と『Hollywood Reporter』誌が合同で選ぶ「Digital 50」(世界で注目すべきデジタル系イノヴェイター50人)のひとりに選出される。

CREATIVE HACK AWARD 2015とは?

──水口さんご自身の、「クリエイティヴ」を「ハック」した事例を教えてください。

少し前に、ゲーム機を「オーディオ・ヴィジュアル・シンセサイザー」としてとらえてみたら、もっと新しい体験をつくり出せないだろうか? よくそんなことを考えていました。あえて「ハック」という言葉を使うなら、ゲーム機自体を「ハック」して、音と映像や振動の「快楽装置」に変えてしまおうと思ったわけです。

プレイヤーが操作する効果音が、自動的にミュージックとなり、そのミュージックが画面全体をイコライザーのように刺激し始める。その音楽に呼応して、ヴァイブレーションも動き始める。ヴァイブレーションはオーケストラのように身体を包む。新しい振動デヴァイスをつくって、USBポートをハックしてしまおう…。そんな感じで実験を重ねているうちに、そのプロジェクトは『Rez』というゲーム作品になりました。

「ゲームを遊ぶ」というあたりまえの行為を、非日常的な「共感覚体験」に変えてみたかったんです。衝動的で、特に理由なんかありません。当時は「ハック」という意識もなく、グル―ヴはどっから生まれるんだろう、なぜ人は音楽を求めるのだろう、国籍とか人種とか関係なく共感できるモノとは何か、どうやったら気持のいい体験を設計できるんだろう、そんなことばかり考えてました。

──これまでのクリエイティヴ活動において、最も苦労されたことを教えてください。そしてその苦労を、どのようにして突破したのでしょうか?

どんなに苦しくても、苦労と思ったことはないです。クリエイティヴなことを仕事にできるのは、幸せなことだから。モノゴトが思い通りに運ばないこと、お金で苦労すること、ぶつかっちゃうこと、感情的になってしまうこと、いろんなことがありますが、まあそれも含めて楽しいですよね。自分(たち)のアタマのなかにあったアイデアが、人の意識に少しだけでもよく作用したり、感謝されたら最高の喜びですよね。

あと、「これはおもしろい」「これは気持いい」とか、感覚的なものを言語化したり、その理由を明確にするために因数分解して、新しいフォーミュラやメソッドを発見するのは、何度やっても楽しい作業です。その連続が常に自分を進化させてきたとも思います。ぜんぜん苦労の話じゃないですね(笑)。

──水口さんからみて、いまの日本のクリエイティヴの強みと弱みを、それぞれ教えてください。

強みは、緻密さときめ細かさ。弱みは、大胆さのなさ。緻密さときめ細かさ、そして大胆さ。すべてが揃ったら、世界最強です。

──CREAITEVE HACK AWARDの審査員として、どのような作品を期待しているか教えてください。

「ハック」って、あたりまえのことや、既成概念を壊して、新しい視点を獲得する行為なんだと思います。それは1回、破壊して、裸にして、極めて本質的なものを注視することなのかもしれません。きっとそこには、人々の意識を変えるエネルギーというか、原石のようなものが潜んでいて、そこから新たなヴィジョンが創造できる。だから、この「CREATIVE HACK AWARD」とは、どこか破壊的で、衝動的なパワーのあるものであってほしいと願っています。個人的には、そんな新しい視点のクリエイティヴを提示した作品やアイデアに一票を投じたいです。

──今回は、日本以外の国からも、積極的に応募を募る予定です。海外のクリエイターに向けて、メッセージをいただけますでしょうか?

2020年の東京オリンピックに向けて、東京や日本は新たなイノヴェイションを起こす絶好の場になると思います。何か新しい実験を行うには、最高の環境でもあります。アウトサイダーの視点を存分に生かして、東京や日本をハックするアイデアを応募してください! 実現できる可能性も、残された時間も、十分にあると思いますよ。

CREATIVE HACK AWARD 2015 審査員からのメッセージ

「まれにみる高いポテンシャルの“ガラパゴス化”を、いますぐ生かすべき」齋藤精一(ライゾマティクス)「『ハック』という言葉をハックしてしまう作品を期待します」佐々木康晴(電通)「常識をハックしなければ、成功はできない」笠島久嗣(イアリンジャパン取締役)

【応募期間延長決定!最終締切は10月7日正午】CREATIVE HACK AWARD 2015

グラフィックや動画、3Dプロダクトから企画書まで。新しい世界をつくる新しい発想を「ビジネス」に転換させるチャンスを『WIRED』が用意しました。締め切りは2015年10月7日(水)。エントリーおよび作品応募はエントリーページにて受け付けています。審査員からのメッセージなどの関連記事はこちらで読めるほか、CREATIVE HACK AWARDのFacebookページTwitterでも、最新情報をお伝えしています。

CREATIVE HACK AWARD 2015最新情報

TAG

CreativeCreative Hack AwardDesignGameJapanPeopleIndex