日本代表のスターティングメンバーが発表された(写真はシンガポール戦のもの)【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は、ロシアワールドカップ・アジア二次予選カンボジア戦に臨むスターティングメンバーを発表した。

 東アジア杯に参加したメンバーからは森重真人や山口蛍らが名を連ね、ここにドルトムントで好調を維持している香川真司やミランの本田圭佑ら海外組が融合する布陣となった。また、移籍が噂されながらインテルに残留した長友佑都も先発となった。

 無所属が理由で代表落選となった川島永嗣に代わる守護神には、西川周作が抜擢されている。

 先発メンバーは以下の通り。試合は19:25キックオフ。

▽GK
西川周作(浦和レッズ)

▽DF
酒井宏樹(ハノーファー)
吉田麻也(サウサンプトン)
森重真人(FC東京)
長友佑都(インテル)

▽MF
山口蛍(セレッソ大阪)
長谷部誠(フランクフルト)
香川真司(ドルトムント)

▽FW
本田圭佑(ミラン)
武藤嘉紀(マインツ)
岡崎慎司(レスター・シティ)

 初戦のシンガポール戦ではまさかのスコアレスドローとなった日本代表。格下相手にきっちりと勝ち点3を積み上げることができるだろうか。

text by 編集部