2018年のロシア・ワールドカップに向けたアジア予選、3日のカンボジア戦と8日のアフガニスタン戦に臨む日本代表選手の着用スパイクをまとめてみた(※山口、武藤を修正)。

1.東口順昭(GK/ガンバ大阪)

プーマ エヴォパワー 1.2 LE

日本代表スパイク

2.米倉恒貴(DF/ガンバ大阪)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

シルバーストームパック

3.遠藤航(MF/湘南ベルマーレ)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

4.本田圭佑(FW/ミラン)

ミズノ ウエーブ イグニタス 3

日本代表スパイク

5.長友佑都(DF/インテル)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

6.森重真人(DF/FC東京)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

7.柴崎岳(MF/鹿島アントラーズ)

アディダス エース 15.1 LE

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

8.原口元気(MF/ヘルタ・ベルリン)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 10

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

9.岡崎慎司(FW/レスター)

ミズノ バサラ 001

日本代表スパイク

10.香川真司(MF/ドルトムント)

アディダス エックス 15.1 LE

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

11.宇佐美貴史(FW/ガンバ大阪)

アディダス アディゼロ F50

日本代表スパイク

「スーパーナチュラルパック」

12.西川周作(GK/浦和レッズ)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

13.興梠慎三(FW/浦和レッズ)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 10

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

14.武藤嘉紀(FW/マインツ05)

アディダス アディゼロ f50

日本代表スパイク

「サバイバルコレクション」

15.丹羽大輝(DF/ガンバ大阪)

アディダス エース 15.1

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

16.山口蛍(MF/セレッソ大阪)

ナイキ マジスタ オブラ

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

17.長谷部誠(MF/フランクフルト)

プーマ エヴォパワー 1.2 LE

日本代表スパイク

18.永井謙佑(FW/名古屋グランパス)

ミズノ モレリア ネオ

日本代表スパイク

19.酒井宏樹(DF/ハノーファー96)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

20.丸山祐市(DF/FC東京)

アディダス エース 15.1

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

21.酒井高徳(DF/ハンブルガーSV)

アディダス エックス 15.1

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

22.吉田麻也(DF/サウサンプトン)

ミズノ ウエーブ イグニタス 3

日本代表スパイク

23.六反勇治(GK/ベガルタ仙台)

ミズノ ウエーブ イグニタス 3

日本代表スパイク


今回の招集メンバー23人をメーカー別に並べると以下の通り。。

Nike 9人
adidas 7人
Mizuno 5人
Puma 2人

トップは8月の東アジアカップに続いてNike。2位にadidas、3位には日本勢のMizunoが入った。

着用選手が最も多いのはNikeの『ティエンポ レジェンド 5』で4人。Nikeでは「マーキュリアル」シリーズも『スーパーフライ』と『ヴェイパー10』を合わせて4人だった。

adidasで気になるのはやはり宇佐美と武藤。いまだに旧モデルの『アディゼロ F50』を愛用している二人だが練習では『エックス 15.1』を履くことも多く、“切り替え”がいつになるのか注目される(※宇佐美はカンボジア戦、前日練習でも『エックス 15.1』を使用していたが本番では履かなかった)。