Ishi201509031300-1

写真拡大 (全3枚)

「道の駅」とは一般道の休憩施設と地域振興施設が一体化したもので、現在では全国に1059駅。今や単なる休憩施設ではなく、旅の目的地としても強い人気を誇っている。

世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザーはこの度、投稿された口コミを元に「行ってよかった!道の駅ランキング 2015」を発表!

堂々の1位に輝いたのは、青森県の中央部にある「道の駅 いなかだて」。産地直売センターやレストラン、遊具施設なども備える大型施設で、なかでも人気なのが敷地内の展望台から望む田んぼアートだとか。旅行者からは「正直2、3枚の田んぼに絵が描かれてるだけだろ、と思っていたがとんでもない。大きさと精緻さに感動」など驚きの声が寄せられているそう。

2位は、北近畿豊岡自動車道のパーキングエリアも兼ねる「道の駅 但馬のまほろば」(兵庫県)。古墳時代の古代政庁をモチーフとした建物がユニーク。併設の「朝来市埋蔵文化財センター」にて、地域で発掘された古代遺跡の展示を入場無料で見ることができる点も評価が高い。

3位は、福岡市と北九州市の中間に位置する「道の駅むなかた」。こちらでは、玄界灘で朝獲れたばかりの新鮮な魚介類がずらりと並ぶ。「一度ここの魚を食べたら、ス−パ−の魚が食べられません」「お店で出す食材を求める、プロの料理人も多いらしい」など、口コミでも大評判。

その後ランキングには、4位「明治の森・黒磯」(栃木県)、5位「許田 やんばる物産センター」(沖縄県)、6位「みなとオアシスうわじま きさいや広場」(愛媛県)…と北海道から沖縄まで、人気の20施設が幅広くランクイン。詳しく知りたい方はコチラ(http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/roadstations_2015/)へ。

さまざまな魅力あふれる日本独自の観光施設「道の駅」を、もっと積極的に楽しんでみよう。