テスラ・Model Sは「100点満点中103点」:米誌の「ガチレヴュー」は本物か

写真拡大

徹底した製品レヴューで知られる『コンシューマー・レポート』のテストで、テスラの「Model S」が100点を獲得した。しかも、従来の基準では「103点」となってしまったため、評価スケールそのものの見直しを強いられたという。

「テスラ・Model Sは「100点満点中103点」:米誌の「ガチレヴュー」は本物か」の写真・リンク付きの記事はこちら

こと製品レヴューに関していえば、『コンシューマーレポート』誌のやり口ほど徹底したものはない。それは自動車の評価テストについても同様だ。

他メディアのほとんどは、メーカーから広報車両を借りて1〜2週間ほどドライヴしたあと、メーカーに返却する(「長期テスト」であれば数カ月に及ぶ場合もあるが)。これに対して彼らは、テストをしたいと思うクルマがあれば、スタッフがディーラーへと出かけて行って身分を明かさず、個人としてそのクルマを購入している。一般の消費者と完全に同じ立場に立つためだ。

もちろんそれはテスラの「Model S P85D」のレヴューでも同様だ。そして、このEVはきわめて高く評価され、「100点満点」を獲得した。

より正確にいえば、Model Sは従来の評価基準に照らし合わせると「103点」という得点となったため、コンシューマーレポートは自身の評価基準の見直しを余儀なくされたという。ただし、その経緯を解説した記事で、コンシューマーレポートは「Model Sが満点を獲得したからといって、欠点のない自動車であることを意味するわけではない」と説明している。

Model Sの卓越した走行性能、ランニングコスト、そして2015年モデルから各種のアクティヴセイフティ技術が充実したことが、最高水準の評価につながった。オーナーの満足度評価もきわめて高く、98パーセントの人が次もテスラのクルマを買うと答えたという。

さらにコンシューマーレポートは、テスラの購買体験についても絶賛した。オンラインで好みの仕様を決めて注文すると、新車が自宅まで届けられ、整備が必要なときには引き取りに来てくれるのだ。一方、高額な価格、その割に質素なインテリア、この価格帯のクルマでは当たり前の「快適装備」が欠けている点などは、評価を下げる要因にはならなかったようだ。

Model Sはそこまでいいクルマなのだろうか

われわれ『ARS TECHNICA』のスタッフのなかでModel Sに乗ったことがあるのは、リー・ハッチンソンだけだ(レヴュー記事はこちら)。したがって、彼がこのクルマともう少し長い時間をすごしてみるまでは、2015年の「ベストEV」のタイトルを与えるかどうかの判断は保留したい(わたしたちが現時点でのタイトルホルダーと考えているのは「BMW i8」だ)。

ハッチンソン記者はコンシューマー・レポートほどModel Sに寛容ではなく、いくつかの欠点は、その価格を考えれば見過ごせないとも語っている。しかし、愛車にすっかり満足しているテスラのオーナーがいまや世界中に大勢いるという事実も、また見過ごすことはできないだろう。

TAG

Arstechnica USConsumerReportEVTesla