衆議院議員 安倍晋三 公式サイトより

写真拡大

 安保法制の11日採決を断念した安倍首相に、とんでもないニュースが飛び込んできた。なんと、明日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に、安倍首相が生出演するというのだ。

「すでに永田町やテレビメディアの人間のあいだでこの生出演が大きな話題になっています。安保法制の採決を16・17日あたりで考えている安倍首相が、『ミヤネ屋』であらためて安保法制の説明を行うということらしいです」(テレビ局関係者)

 安倍首相といえば、衆議院の強行採決後にもフジテレビ『みんなのニュース』とBS日テレ『深層NEWS』に出演したが、なぜ今回はワイドショーの『ミヤネ屋』を選んだのか?

「フジも日テレも安倍首相にとっては味方のメディアだからと選んだのですが、思っていた以上に追及を受けてしまった。そのため今回は、もっと自分の言いたいことを汲み取って放送してくれる番組を......と考え、そこでチョイスしたのが『ミヤネ屋』だったようです」(同前)

『みんなのニュース』も『深層NEWS』も、安倍首相に相当気を遣っていたし、追及を受けてしまったのは妙ちくりんな模型を持ちだしてトンチンカンな説明を行ったせいだと思うが、安倍首相本人はご立腹であるらしい。ようするに、言うことを聞いてくれる番組を探した結果の『ミヤネ屋』なのだ。

 しかも、驚くべき事実はもうひとつある。この『ミヤネ屋』に出演したあと、同じ読売テレビが制作・放送する『そこまで言って委員会NP』の収録に参加するというのだ。

 ご存じの方も多いと思われるが、この『そこまで言って委員会NP』(以下、『委員会』)という番組には、安倍が過去に十数回も出演。2013年・14年には現職総理として3回も出演している。しかもこの番組は、"地上波のチャンネル桜"とも呼ばれるほどの超タカ派の内容で、ヘイトスピーチと見紛うような罵詈雑言を垂れ流す一方、安倍政権を猛プッシュしてきた"安倍首相大応援番組"である。

 当然、安倍首相がこのタイミングで番組に出演すれば、司会の辛坊治郎も、パネラー陣も、諸手を挙げて安倍首相をヨイショし、安保法制の必要性を徹底的に強調するだろう。安倍首相にとっては居心地のよい、これ以上ない番組であることはたしかだ。

 しかし、こんな身勝手さが許されていいのか。そもそもおかしいのは、安倍首相は広く国民に説明する必要があると言いながら、なぜ東京をはじめ全国で放送されていない『委員会』にわざわざ出演するのか。もっと多くの人が視聴できる番組を選ぶべきだろう。

 それに、昨年『NEWS23』(TBS)に安倍首相が出演した際には、街頭インタビューに「厳しい意見を意図的に選んでいる」と陰謀論まがいの主張をまくしたて、挙げ句、在京テレビキー局に対して「公平中立」を盾に政権批判を封じ込めようとした。さらに『報道ステーション』(テレビ朝日)にも、アベノミクスに関する放送への注意文書を送付したり、古賀茂明の「I am not Abe」発言に圧力をかけ、自民党はテレ朝経営幹部を呼びつけてさえいる。

 自分にとって都合の悪い放送が行われると"偏向報道だ"と押さえ込もうとする一方で、「国民へ丁寧な説明を」と言いながら自分をヨイショしてくれる番組を選ぶ。だいたい、『NEWS23』や『報道ステーション』が公平中立ではないと言うのなら、政権に都合のいい放送を行う読売テレビだって公平中立ではない。放送法にある「不偏不党」「公正さ」を鑑みれば、もし『ミヤネ屋』や『委員会』が徹底的に安倍首相を擁護するような番組を放送した場合、読売テレビこそが放送法違反に当てはまるのではないか。

 しかも、今回『委員会』に安倍首相をセッティングしたのは、以前からずっと『委員会』の制作に携わってきたテレビ番組制作会社の代表をつとめるI氏なのだという。"『委員会』の制作"ということでピンときた人もいるのではないだろうか。そう、あの悪評高い百田尚樹氏の『殉愛』騒動で"黒幕"と噂された人物だ。

「I氏は『殉愛』騒動後、しばらく『委員会』の制作からは外れていたのですが、今回、安倍首相の出演が決まった裏にはI氏が関わっています。もともとI氏は広い保守人脈をもっており、安倍首相とは関係も深い。安倍首相が『笑っていいとも!』出演時にも花を贈り、百田氏と安倍首相を結びつけたのもI氏ではないかとも言われています」(在阪テレビ局関係者)

『殉愛』騒動でI氏は、やしきたかじん氏の遺言であるOSAKAあかるクラブへの寄付2億円の放棄をたかじんの妻が同団体に迫った際、百田氏とともに同席していたような人物。現在、『殉愛』をめぐる問題は裁判にもち込まれているが、I氏は騒動に深く関与しながらも自身の責任などについて、いまだまったく説明を行っていない。

 国を揺るがす法案の採決を前に、お友だちが制作する番組に出演しようという勝手さといい、そのお友だちのキナ臭さといい、今回の安倍首相の番組行脚にはうんざりするが、一体、番組内容はどんなものになるのか。観る前からもうすでにだいたいの予想はつくが......。
(編集部)