ハイスペックモデルとミドルクラスから選べる

写真拡大

中国のスマートフォン(スマホ)メーカー、Star Digital Technology(スター・デジタル・テクノロジー)は、「ONE-FIVE」ブランドからSIMフリースマホ「F1」「F1L」を2015年10月1日、「C1」を11月1日に、それぞれ発売する。

スリムな高機能、ディスプレイサイズで選べる「F1」シリーズと低価格「C1」

「COLORFUL(多彩さ)」「YOUNG(若さ)」「FREEDOM(自由さ)」「FUN(歓び)」「BELIEVABLE(信頼性)」5つのコンセプトを1つに詰め込んだというコンセプト。いずれもSIMカードスロット2基搭載の「デュアルSIM」仕様。OSは「Android 5.1」。無線通信はIEEE802.11b/g/nに準拠した無線LAN、Bluetooth 4.1対応。

「F1」シリーズはスリムデザインに高機能を詰め込んだモデル。「F1」が5型、「F1L」が5.5型のフルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載。プロセッサーがオクタ(8)コアCPU(1.5GHz)。メモリーが2GB、内蔵ストレージが16GB、外部ストレージはmicroSDメモリーカードをサポート。カラーはダークブルー、ホワイトの2色。市場想定価格は、「F1」が3万4800円、「F1L」が3万9800円。

「C1」は低価格でシンプルな操作系。ディスプレイが5型HD液晶(1280×720ドット)。プロセッサーがクアッド(4)コアCPU(1.0GHz)。メモリーが1GB、内蔵ストレージが8GB、外部ストレージはmicroSDカードをサポート。カラーはブラック、ゴールドの2色。市場想定価格は1万9800円(全て税別)。