毎日変わる通貨レート

写真拡大

 今年は前半からギリシャ経済危機や、中国の株価、通貨の変動など不安材料も多く、金融市場では「リスクオフ」という言葉をよく耳にしますね。

 ところで「1ドル=134円」など金融市場でみかける価格はどのように決定されるのでしょうか?各証券会社などで提示されている投資商品の店頭価格は、市場と連動して上下していることはすでにご存じかと思います。しかし、取引所を含めた金融機関同士の金融取引については、「値段があってないようなものです」と言えば驚かれますか?
 
 食材や家庭用品などの買い物をするときは、商品についた値札をみて買うか否かの判断をします。バーゲンなど特売日にならない限り、その値段は翌日になってもそれほど急に変わるものではありません。ところが、金融市場で取引されている金融商品の値段は一定ではありません。各国の財政状況や輸出入の需給バランス、各金融商品や通貨そのものの人気などで価格は常に変動しています。毎日同じような値段の日用品とは異なり、その日限りの話題で価格が上下します。簡単に言えば、人気投票が毎日行われている状態ともいえます。

 為替市場に代表されるような、インターバンク市場(参加者が金融機関に限定された市場)は、市場参加者同士で売値(BID)と買値(ASK)の双方を同時に提示したうえで、相手方に瞬時の取引決定権を促し続けている状態です。「この価格でいかがですか?」などという緩やかなものではありません。「Do it or Not」(取引するか否かを即決断)の瞬間価格提示なので、「あの時の値段」を再度提示されることはありません。取引をしたい場合には、「今でしょ!」の気持ちが必要です。 市場を形成する市場参加者は、提示した価格に対して取引が成立した場合には、成立した取引の持高をリスクとして保持するのか、それとも市場取引で反対売買をおこなって持高を解消するのかを、その場で決定します。この持高(ポジションと市場では言います)をどうしようか、と上司に逐一うかがうことはあり得ません。確認するトレーダーやシステムがあれば、即刻首、または廃棄ですね。
 
 つまりこの市場では、取引する双方が常にお互いBIDとASKの双方の値段を提示し合いながら、連続して相対取引を実行しているのです。価格が横並びとはならないのは、各金融機関の背後にある顧客の興味や、為替取引部門の方針等で微妙に差が出てきます。
 
 普段は上記のような要因で価格が決定し、変動していくのですが、注目されている経済指標の発表で予想外の結果が出たり、先日の中国元の3日連続切り下げや、いわゆる「黒田バズーカ」のような金融政策の実施など突発的なイベントが発生した場合、取引参加者は売るか買うかの判断を一時保留します。「市場」というのは、常になんらかの価格が提示されているように思いますが、ここでは価格を提示しているのは金融機関であり、参加している投資家です。ポジションリスクがとれない環境になった場合(反対する売買相手がいないと判断できる場合)、価格を「提示する」こと自体がリスクになります。対応としては、BID/ASKの価格差(スプレッド)を広げるか、もしくは価格提示自体をストップさせます。今や、電子取引が主流になって便利にはなっていますが、急激なリスクがある場合には価格自体が消滅する事態もあり得るということです。
  
 少し専門的な例になりますが、A銀行が120.20-22、B銀行が 120.40-42と提示している場合、どちらが正しいという判断を即時に出せるでしょうか?さらにC銀行が120.37-38となっていたら…。無難な方法としては120.20-42の価格提示になりますが、当然、このような場合には、前述の各銀行はリスク回避として、120.20-50と広げていき、その後もしばらくは30-50ポイントでの価格提示が続くことでしょう。 

 今年に1月にあった「スイスフランショック」では、事態はより悪く、一時4500-5000ポイント(円で考えれば45-50円相当数の価格差)になり、通常の価格提示は不可能、銀行間でも価格表示が停止しました。 

 このように価格が決まって行きますので、今見ている価格は、実は常に「イリュージョン」。金融市場は「WIN WIN」よりは「Give and Take」です。持ちつ持たれつ。変化するのが当たり前と思っておきましょう。(FXストラテジスト 宗人)