今年で9回目

写真拡大

住友生命保険が取り組む子育て支援事業「未来を強くする子育てプロジェクト」の第9回募集締め切りが、2015年9月9日に迫っている。募集しているのは「子育て支援活動の表彰」と「女性研究者への支援」の2部門。

同プロジェクトは、同社が創業100周年を迎えた2007年から毎年実施。大きな社会問題である少子化対策の一環として、2つの公募事業を通して、「すこやかな子育てと夢のある未来づくり」を応援する意図がある。

郵送応募で9月9日必着

「子育て支援活動の表彰」については、より良い子育て環境づくりに取り組む個人・団体が対象。活動の継続性、ロールモデルになる可能性があるか、などの要件を満たした個人や団体が応募できる。もっとも優秀な「スミセイ未来大賞」(2組程度)に選ばれると、表彰状(文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞)に加え、副賞100万円が贈呈される。

「女性研究者への支援」は、育児で研究継続が困難、もしくは育児を行いながら研究を続けている女性研究者が対象。人文・社会科学分野で「有意義な研究テーマ」を持ち、応募時点で未就学児の育児をしている、などの要件を満たすと応募できる。奨励賞(10人程度)に選ばれると、助成金として年100万円(上限)を最大2年間支給する。

応募は、公式ページの記載にそって、応募用紙に記入し、郵送(9月9日必着)で行う。表彰式は16年2月に行われ、結果についてはウェブサイトなどでも発表される。