元『トップギア』司会者クラークソンがAmazonと年17億円で契約。ハモンドとメイは各13億

写真拡大

[from AutoBlog Jp]

新しい仕事を始めるとき、大抵は苦労がつきものだが、前職よりも収入が増えるなら、その大変さも和らぐというものだろう。英BBCの自動車番組『トップギア』の元司会者であるジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの3人と同番組のプロデューサーを務めていたアンディ・ウィルマンにとって、その大変さは極めて和らぐことになるに違いない。というのも、アマゾンがこの3人の番組ホストとエグゼクティブ・プロデューサーに、以前の雇い主であるBBCよりはるかに気前のよい報酬を支払うことが複数の情報から明らかになったのだ。
大方の見方は、ジェレミー・クラークソンが英国において史上最高額の報酬を受け取る番組司会者になることで一致している。 英紙『Telegraph』の報道によれば、仲間から愛情を込めて"オランウータン"と呼ばれるこの司会者には、年間960万ポンド(約17億6,000万円)が支払われるという。3年間で36エピソードを配信予定なので、1本につき約1億5,000万円近くになる計算だ。ハモンド、メイ、およびエグゼクティブ・プロデューサーのウィルマンは、無論それより低い報酬となっているが、それでも各人につき年間720万ポンド(約13億円)、1エピソードあたり約1億800万円が支払われると、英紙『Daily Mirror』は主張する。

これらの金額は、国民から徴収した資金によって運営されているBBCが彼らに支払っていた金額と比べると、さらに驚くような数字だ。トップギア時代のジェレミー・クラークソンの契約金は年間100万ポンド(約1億8,000万円)と言われ(BBCワールドワイドが一部を負担。同社はBBCの完全子会社で、トップギアの放映権を世界中に販売して約280億円をかき集めた)、ほぼ10倍に増加した。 ハモンドとメイは、彼らの"共犯者"で口が過ぎるジェレミー・クラークソンには及ばないものの、"キャプテン・スロー"と"ハムスター"がBBCから受け取っていた契約金はクラークソンの半分程度だったことから、その差が大幅に縮まった。

アマゾンがこれだけの巨費を投じた新番組は、果たしてそれだけの価値があるのだろうか。クラークソン、ハモンド、メイのファン(と批評家)の皆さん、その答えは来年までお預けだ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー