ダイエットしているけどパンは食べたいという方におススメしたいのが「ブランパン」。低糖質でしかもGI値が高く、さらに栄養価も高いという優秀なパンです。控えめにパンを食べていた人も明日から朝食はブランパンにしてみては?

ブランパンとはどんなパンなの?

「ブラン」は小麦の表皮のことです。表皮をふすまとも呼ぶので、別名「ふすまパン」。一般的なパンに使われる小麦粉は、小麦の胚乳から作られており、糖質は100gあたり70g含まれますが、ブランパンは10gと低糖質です。食後の血糖値の上昇度を示すGI値もブランパンのほうが低くなっています。

さらにカロリーを比べても一般的なパンが100g260kcalであるのに対して、ブランパンは200kcalと少なめ。ブランに含まれる食物繊維は消化管内で膨らみ食べ物のかさを大きくして胃にとどまる時間を伸ばします。そのため満腹感があり、食べ過ぎや飲み過ぎを防いでくれます。さまざまな点でブランパンはダイエット向きの食品です。

水溶性食物繊維とミネラルを含有

ブランパンは食物繊維が豊富です。食物繊維の量で比べると一般的なパンが100gに2.5gであるのに対して、ブランパンはなんと15g。ブランパンの食物繊維は水に溶けにくい不溶性食物繊維。水を吸収して膨らみ便を軟らかくして量を増やし、腸のぜんどう運動を活性化するので排便が促進されます。排便の回数も増えるので、発がん性物質と大腸粘膜が触れる時間が短くなり大腸がんを予防します。食物繊維は発がん性物質やアレルギー性物質を吸着して体外に排出します。

ブランパンにはミネラルが豊富に含まれます。具体的には、歯や骨を丈夫にするカルシウムやマグネシウム、貧血を防ぐ鉄分、たんぱく質を合成する亜鉛などです。

グラノーラやケーキ、クッキーなどにもブランが使われています。朝食やおやつにブランを取り入れて、健康的なダイエット生活を過ごしましょう!


writer:松尾真佐代