写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●新技術はスタートアップの成功のカギとなる
8月31日から4日間の日程で開催されている「VMworld2015」。2日目の基調講演には同社でCEOを務めるPat Gelsinger(パット・ゲルシンガー)氏が登壇し、VMwareの目指す今後の方向性とともに、IT業界の展望について語った。

冒頭、Gelsinger氏は、近年30年間におけるITの進化について、具体的な数字を交えながら紹介した。「1995年にインターネットに接続していた人は、世界人口の0.5%以下だった。しかし、2019年の第3四半期には、世界人口の半数がインターネットに接続する時代になると言われている。"コネクティビティ"は、人類全体のものとなる時代が到来する」(同氏)

ユーザー1人当たりが所有するデバイス数も急増している。1995年には0.1台(10人に1人しか持っていない)だったものが、2020年には5.9台になると予想されている。iOS上のAppStoreで販売されるアプリ全体の年間売上金額は、米国の映画産業の年間売上総額を上回った。さらに、インターネット関連の市場規模は8兆ドルとなり、世界のGDP成長の21%を占めるまでになっている。Gelsinger氏は、「もはや、ITが社会的、文化的なインパクトを牽引しているといっても過言ではない。今後その影響力がさらに大きくなる」との見解を示した。

○新技術が引き起こす"業界下克上"

こうした状況下、Gelsinger氏は「ITリーダーが自社のビジネスを成長させるうえで、必ず考えなければいけないポイントは5つある」と指摘する。それは、「.ビジネスの非対称性」「クラウドのプロの時代」「セキュリティ」「プロアクティブな技術の導入」「リスクを取らないことへのリスク」であるという。

「ビジネスの非対称性」とは、既存の企業とスタートアップ企業の関係を指す。現状のルールの下では、スタートアップが既存企業に勝つことは難しい。したがって、スタートアップが勝利をつかむにはルールを変える必要がある。そのためにはどうすればよいのか。Gelsinger氏は以下のような考えを示した。

「失うものがないスタートアップ企業は、新技術を積極的に取り入れればよい。その新技術とは『モバイルクラウド』だ。モバイルデバイスを使い、クラウド上にある無限のリソースにアクセスできる環境は、従来のビジネスを一変させる可能がある」

例えば、自動車業界は、「モバイル」「クラウド」そして「ビッグデータ」によって、その構造が大きく変化している。自動運転やIoT(Internet of Things)など、新技術を持つスタートアップ企業やIT企業も続々と参入し、自動車に新たな付加価値を提供することで、そのプレゼンスを高めている。Googleの自動運転車などは、その好例だろう。

Gelsinger氏は、「こうした変化は、自動車業界に関連する企業にも影響を及ぼす。そこで勝ち残っていくには、『スタートアップがイノベーションをしながら、エンタープライズのように(安定したサービスを)提供していくこと』だ」と語った。

「クラウドのプロの時代」についてGelsinger氏は、「クラウドが実験(様子見)の時代ではなくなった」と指摘する。クラウドの活用が浸透し、企業は業務内容に合わせて、プライベートとパブリックを選択するようになった。

●セキュリティはアーキテクチャの一部ととらえよ
ただし、「同時に企業はクラウド選択の新たな課題を突きつけられた」とGelsinger氏は指摘する。それが、元CIOのEdward Snowden(エドワード・スノーデン)氏が公開した国家による情報収集の実態だ。企業は情報のプライオリティを鑑み、プライベートとパブリックを使い分ける必要に迫られた。また、データのロケーションにも一定の制限がかかるようになっている。

Gelsinger氏は、「ユニファイド・ハイブリッド・クラウドで、アプリケーションやデータが(プライベート、パブリックを問わず)自由に行き来できるようになった。ユニファイド・ハイブリッド・クラウドの本質は、1つのビューで複数のクラウド管理できること。つまり(複数のクラウドを)1つのクラウドとして運用できることだ」と語る。今後はこうしたクラウド管理の手法が、重要になるというのが同氏の見解だ。

○仮想化はセキュリティのルネサンス?

企業にとってセキュリティの確保は、最重要課題である。日本と比べて、米国はセキュリティ対策に積極的な投資を行っている。しかし、Gelsinger氏は、「その投資構造は、必ずしも正しくない」と指摘する。

「ある大手金融では、年間のIT投資予算は前年比5%減であるのに対し、セキュリティに関する投資は、前年比50%増になっている。ただし、セキュリティ投資が増加するのは、セキュリティ侵害があった時だけだ」(Gelsinger氏)

企業が守るべきは、人、アプリケーション、そしてデータである。Gelsinger氏は、「セキュリティ機能は『Built in VS. Bolt on(組み込みか追加か)』の議論があるが、これはナンセンスだ。セキュリティは『Architecture in(アーキテクチャの一部)』であり、それを実現しているのが仮想化だ」と語る。

Gelsinger氏の考えはこうだ。仮想化は、人・アプリケーション・データとコンピュータ・ネットワーク、そしてそれに接続されるデバイスの中心に位置する。その"立ち位置"を利用し、適切なユーザーに、適切なアプリケーション/データを、適切なセキュリティレベルで提供できることが、仮想化のアドバンテージであるという。

Gelsinger氏は、「アーキテクチャとして組み込まれたセキュリティ機能は、コスト面でもメリットがあり、運用管理面でも、後付けセキュリティ機能より簡素化されている。(仮想化をセキュリティの中核とする考え方は)セキュリティのルネサンスだ」と、その優位性を強調した。

「プロアクティブな技術の導入」では、人工知能(AI)を挙げる。過去において、AIの流行は何度か訪れたものの、いずれもビジネスに定着するものではなかった。しかし、Gelsinger氏は「現在のAIは、次のイノベーションの波」であると指摘する。その理由は、ビッグデータだ。IoTやセンサーなどから収集される、膨大なデータ分析から得られる知見と予測が、既存の技術をプロアクティブな技術に変化させる可能性を秘めているという。

「例えば、極小のセンサーを人体に取り付け、呼吸を計測することでぜんそくの発作を予測するといったことが可能になっている。また、人工知能を搭載したソフトウェアが、新たなソフトウェアのプログラムを書くといったことも可能になった。こうした技術は今後さらに加速していくだろう」(Gelsinger氏)

最後にGelsinger氏は、「ある調査によると、S&P 500の企業のうち、40%は10年以内に消滅すると言われている。リスクを取ることを恐れては、次の時代に生き残ることはできない」と語り、講演を締めくくった。

(鈴木恭子)