2020年頃に山手線の新駅設置や、羽田空港への新線新設、JRの旧品川操車場跡の大規模開発などが控えている高輪周辺は有望エリアの一つで住み替え戦略は取りやすい

写真拡大

あなたは正しい「自宅投資」の
知識を持っているか?

 マンション名と部屋番号を指定すれば、即座にその適正価格がわかる。こんな無料サービスは毎年2万件近く行われている。中古車のように価値が即座に分かると、住み替えという選択肢のハードルが下がり、自宅で資産形成する道が拓ける。含み益が出ているなら、それは売却しなければ「含み」に過ぎない。それにはまず時価を把握しなければならない。

 連載第2回「筆者の成功体験を伝授!不動産で一番儲かる「自宅投資」の極意」では、自宅の売却益が3000万円まで無税であることを活用した「自宅投資」が、少なからぬ反響を呼んだ。

 今回は、前回に引き続き、最初から含み益がある物件(割安に買える物件)の探し方から、不動産価格の将来の動きを読む方法まで、自宅投資の上で必須のノウハウについても、読者に思う存分に伝授しよう。

 小さいときから高輪界隈(東京都港区)に住んでいたある広告マンは、2008年のリーマンショックの直前に自宅を売りぬけた。「ミニバブル」と言われる不動産市況の変調に気がつき、「こんな高値はおかしいが、売るなら今」と考え、ほぼピークで売り、近隣の賃貸に引っ越した。

 高輪という地域を愛している彼は、マンション価格が下がった2年後の2010年に、周辺に出てきた新築マンションをかなり下がった相場価格で買った。その後、価格は底を打ち、上昇局面に入った。

 彼が住み替えに成功した要因は、地元が好きで、そこの不動産相場の「定点観測」を続け、価格の変動に敏感だったからだ。自分が所有するマンションがいくらか、誰もが知りたいときにいつでも知ることができるのが、冒頭で述べた「自宅査定ツール」だ。これは、スタイルアクトが主宰する「住まいサーフィン」(会員約18万人)の一機能として無料で提供されている。マンション名と部屋番号を指定すれば、即座にその適正価格がわかるのだ。あまりに多く使われるので、1人1日3回の制限を設けているほどだ。毎年2万件近く行われている。

 上のグラフは、住まいサーフィンで発表している首都圏の新築・中古マンション価格の指数の推移(2015年8月公表の最新調査)だ。グラフが示す通り、新築マンション、中古マンションともに指数は続伸している。その理由は後で述べるとして、ここ2年以上はいずれも上昇していることがわかる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)