写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通マーケティングは9月1日に「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバー SaaS」を提供開始した。同サービスは、2014年12月に発表した「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム」について、クラウド環境でサービス提供を行う。参考価格は基本サービスで16万円〜、初期導入サービスで160万円〜(価格はいずれも税別)。

同サービスでは、自社の運用形態に合わせ「収集」「保管」「申告」のサービスの取捨選択が可能で、システム対応は富士通データセンター側で作業を実施する。これらにより、顧客はシステム運用コストを抑制することができる。

また、シングルテナント構成でのサービス提供や閉域網VPN(仮想専用線)の採用、システム稼働状況の常時監視サービスの標準提供など、信頼性の高い環境で安定的なシステム運用と管理者の負荷軽減を実現。

加えて、システムの稼働状況の常時監視を行い、異常を検知した際は顧客に通知するサービスを標準提供する。システム運用業務をサポートし、異常の早期発見や見落とし防止によりシステムトラブルの抑制を図ることで、安定的なシステム運用と管理者の負荷軽減を支援する。

同社は今後も「アドオンマイナンバーシステム」や「アドオンマイナンバー SaaS」の顧客に向けて、マイナンバーの入力代行など制度対応を支援する付随サービスを継続的に提供していく。さらに「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら 人事給与」は、8月出荷の最新バージョンへのレベルアップによりマイナンバー対応を完了し、「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart 人事給与」についても、9月から順次対応の完了を予定している。