東京ディズニーセレブレーションホテル ロビーのイメージ

写真拡大

東京ディズニーランドホテルなど国内3つのディズニーホテルを経営するミリアルリゾートホテルズ(千葉県浦安市)は2015年9月2日、4番目となる「東京ディズニーセレブレーションホテル」を東京ディズニーリゾート(TDR)近くに開発すると発表した。宿泊に特化したホテルとして、16年6月のオープンの予定。3番目の東京ディズニーランドホテルが08年7月に開業して以来、8年ぶりの新ディズニーホテルとなる。

ランド、シーを彷彿させる装飾で「夢のような時間を思い返す」

ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテルの3ホテルは、年間90%を超える宿泊稼働率で運営しており、需要が高い。そのため、第4のディズニーホテル開発に踏み切ったという。

「東京ディズニーセレブレーションホテル」は、同社の100%子会社であるブライトンコーポレーションがTDR近くで運営しているパームテラスホテルとファウンテンテラスホテルを活用して"ディズニーホテル"に転換する計画。客室、ロビー、中庭など、ホテル館内に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを彷彿させる装飾などを施すという。ミリアルリゾートホテルズは、「パークで過ごした夢のような時間を思い返し、翌日のパークでの体験に心を躍らせる滞在を満喫」できるとしている。

施設の機能は宿泊に特化。宿泊料金は未定だが、サービスの一部を簡易なものにすることで、より身近なリゾートを実現する。

旧ファウンテンテラスホテルは16年6月から、旧パームテラスホテルは同年秋から、東京ディズニーセレブレーションホテルとし宿泊客受け入れを開始する予定。予約開始時期などは未定。