糖質制限をしたいけど日本人ならお米が恋しい。そんな人はぜひキヌアを試してみて! モチプチ食感で最高クラスの栄養価なスーパーフード、キヌアならきっと満足できます。

この粒のどこに? 栄養価が凄い!

キヌアの凄さはその栄養価にあります。精白米と比べると、2倍のタンパク質、8倍の食物繊維、カルシウムはなんと10倍、7倍のマグネシウム、8倍もの鉄を含んでいます。また、体内では生成できない必須アミノ酸も牛乳に匹敵するほど良質でバランスが取れているのです。女性には嬉しいことに、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするフィトエストロゲンが含まれているため、更年期症状の改善や美肌効果も!

そしてなんといっても、キヌアは お米に似ている食感であるにもかかわらず低GI食材でグルテンを含んでいないため、糖質制限やダイエットには最適なのですね。モデルや世界中のセレブが夢中になってしまうのもわかります。その凄さはNASAが宇宙食として注目しているほどなのです。

キヌアはお米やひえ、あわの仲間

キヌアは南米のアンデス地方原産の穀物で、5000年も昔のインカ古代帝国時代から栽培されており、穀物の母と言われています。雑穀には玄米のように栄養価の高いものがありますが、キヌアの栄養価の高さとバランスの良さはトップクラスに凄いのです。調理も茹でるだけと簡単で、長時間水に浸す必要も無いためすぐに使うことができるのも楽で良いですね。茹でたキヌアは冷凍にもできます。

単独でもお米と一緒でも

キヌアはクセがなく、食感はモチプチ。パサパサしていないので腹持ちが良くダイエットの強い味方です。サポニンを多く含んでいるので、茹でる前に良く洗いましょう。と言ってもゴマのように小さなつぶで軽いので、お米を研ぐよりも簡単。あとは20分ほど茹でるか、お米のように炊飯器で炊いてもOK。炊いている時はホウレンソウのような青臭い匂いがしますが、食べる時には気になりません。茹でると膨らんで丸くなり輪っか状のひげが残るのですが、これの見た目がちょっと良くないかも。

茹でたものをサラダやスープにしても良いですし、少量のお米と一緒に炊いてカレーや炊き込みご飯風にしたりとレシピも豊富。キヌアで健康な食生活を始めませんか?


writer:しゃけごはん