「AP通信社」サイト

写真拡大 (全2枚)

 米AP通信社は2日、メディア向けに提供しているライブ映像サービスについて、大幅な技術的改善を行い、サービスを拡大することを発表した。ニュース速報に加え、世界各国・地域の各種ライブイベントなどの映像も提供を行う。

 AP通信社は2003年より、ライブ映像ニュースサービス「AP Direct」を開始。放送局やデジタルメディア向けに、映像の提供を行っている。今回の拡大では、既存の「AP Direct」に加え、オンラインビデオ配信プラットフォーム「AP Video Hub」から、さらに3本のライブ映像チャンネル(2本は2015年初旬に追加済)にアクセス可能となる。

 過去2年間でAP Directの配信量は50%近く向上しているとのこと。なお、AP通信社の国際映像ニュース責任者によると、2015年に日本の放送局が配信したライブ映像のトップは、1月の中山 康秀外務大臣がヨルダンから伝えたイスラム国に誘拐された2人の日本人人質最新情報、3月に発生したチュニジアの国立バルドー博物館でのテロ攻撃、5月ロンドンでのシャーロット王女誕生だったという。

■関連リンク
Associated Press