写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アップシーエムは9月1日、スマートフォン向け(以下、スマホ向け)動画広告を視聴したユーザーの好感度や認知度、購買意欲等をテレビCMと比較・分析してレポートするクロスメディア・ブランドリフト測定サービスを含む動画広告パッケージの提供を開始した。テレビCMとスマホ向け動画広告を掛け合わせたブランドリフト計測サービスの展開は、国内初の試みとなる。

同サービスは、複数のメディアを組み合わせて広告展開を行った場合の広告効果をデータとして広告主にフィードバックし、より効果的な広告出稿を支援するもの。マクロミルの分析サービス「AccessMill (アクセスミル)」を活用することで、例えば、スマホ向け動画広告やテレビCMのみを視聴した消費者と、テレビCMに加えスマホ向け動画広告も視聴した消費者を比較し、商品に対する認知度や好感度、購買意欲等がどれだけ異なるかなどを広告主にフィードバックする。