「エルム街の悪夢」の監督死去、俳優たちが“ホラー界の巨匠”追悼。

写真拡大

「スクリーム」「エルム街の悪夢」などで知られるウェス・クレイヴン監督が76歳で亡くなった。脳腫瘍のため、8月30日、米ロサンゼルスの自宅で帰らぬ人となった。

1972年作「鮮血の美学」で脚光を浴びたクレイヴン監督。1980年代に人気を博した殺人鬼フレディ・クルーガーのシリーズ作品、1990年代には「スクリーム」シリーズ映画に貢献するなど、ホラー映画界の巨匠としてその名を轟かせた。

この訃報に接した多くの俳優たちが、Twitterでクレイヴン監督を追悼しており、「スクリーム」シリーズ4作品に出演したコートニー・コックスは「今日、この世界は偉大な男であり、私の友人そして師匠でもあるウェス・クレイヴンを失いました。彼の家族のことを想っています」とコメント。

同じく「スクリーム」に出演していたローズ・マッゴーワンも「私の知っている中で最も親切で紳士的で賢い男性に感謝の気持ちを贈ります。どうか、ここにどんでん返しがあると言ってくれませんか」「涙が止まりません。私たちを残して偉大な人が逝ってしまった。ウェス・クレイヴン、あなたはいつも私たちの心の中で生きています」とメッセージを贈っている。

さらにサラ・ミシェル・ゲラーは「素晴らしい恐怖映画を制作した、この世で最も親切な心を持つ男性の一人であるウェス・クレイヴンと一緒に仕事をしたことは私にとって特別なことでした。ご冥福をお祈りしています」とツイート。ジョシュ・ギャッドも「80年代に生まれ育った僕にとってウェス・クレイヴンは恐怖の巨匠でした。そしてこの恐怖は僕にホラー映画への情熱を与えてくれました。ご冥福をお祈りしています」とコメントした。