「世界のヒョウタン展-人類の原器-」ポスター/画像提供:国立科学博物館

写真拡大

9月15日(火)から12月6日(日)まで、国立科学博物館にて、企画展「世界のヒョウタン展 -人類の原器-」が開催される。

【容器から神具まで! 変幻自在の栽培植物「世界のヒョウタン展」開催の画像・動画をすべて見る】

最古の栽培植物の一つにして、多様な形を持ち用途も様々なため「人類の原器」と名高いヒョウタンを世界各国から収集。本展では、およそ500点に及ぶヒョウタン用具が展示される。

ヒョウタンは人類の原器?!


本展は、ユーモラスでかわいらしい形の植物、ヒョウタンにスポットをあてた企画展。最古の栽培植物のひとつであり、1万年以上前から多くの土地で人類と共に歩んできたヒョウタンに、さまざまな点からスポットをあてる。

展示に使われるヒョウタンは、一般財団法人・進化生物学研究所理事長兼所長の湯浅浩史さん個人のもの。世界70カ国から集めた1600点に及ぶコレクションから厳選した約500点もののヒョウタン用具が展示される。

展示は全部で9つの章に分かれており、ヒョウタンの多様性や歴史からはじまり、馴染み深い容器としてのヒョウタンから、祭り事や儀式のためのヒョウタン、ヒョウタン芸術など、まさにヒョウタンのフェスティバルとなる。

hyoutan1

さまざまなヒョウタン/画像提供:国立科学博物館



他にも生活用品、楽器、おもちゃといったヒョウタンの利用法を紹介するコーナーや、ヒョウタンのマラカスやタイコなどで遊べるコーナーなども用意。

そのほかにも、9月21日(月)にはオリジナルのヒョウタンマラカスをつくれるワークショップや、11月7日(土)には「世界のヒョウタン文化」と題した湯浅さんによる講演会も行われる。

世界各地の神話や伝説にも多く登場し、神秘性や異次元性を持つとされるヒョウタン。西遊記では人を吸い込む妖力を持つアイテムとして登場したが、その意外に深いヒョウタンワールドに吸い込まれてみるのもいいかもしれない。