光が織り成す迷路を攻略できるか?

写真拡大

ハウステンボスで新アトラクション「I.S.ラビリンス〜光と音の迷宮〜」が2015年9月1日にオープンした。時間は午前9時から午後22時まで、パスポート対象。2315年の宇宙を舞台とした迷路で、合わせ鏡に無限に映り込むイルミネーションや星が渦巻くトンネルが幻想的だという。イルミネーションと音楽が融合しており、昼間でも楽しめる光のスポットとなっている。また、日没から開始されるアトラクションタウンのライトアップも新しくなり、時間とともに街並みがカラフルに変化する。

その他、9月1日から11月3日には200品種のワインがそろう「ワイン祭」を開催。1本5万円以上の高級ワインやハイジ気分が味わえるラクレットチーズの屋台も登場する。9月19日から10月20日の「ダリア展」には西日本最大級の450品種が集合。まだ名前もついていない最新の約50品種も鑑賞できる。