対症療法をして自然治癒を待つしかない akiko/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 38℃ほどの微熱。「少し食欲が落ちているな」と思った翌日、その足先にぽつぽつと赤いモノが......。時間が経つにつれて、発疹は手のひらや指、おしり、さらには喉の奥にまで――。
 子どもの「手足口病」の発症例のひとつである。

 乳幼児や子どもが夏にかかる代表的な病気のひとつ、手足口病。今年は、2013年に次ぐ大流行が見られ、首都圏や関西圏では警報レベルにまで達した。国立感染症研究所の発表によると、8月2日までに全国で3万人の患者が発生したという。

 季節は初秋を迎え、患者数も減少傾向にある。ところが、手足口病は秋から冬にかけても感染する可能性がある。そして、実は大人が感染すると重症化しやすいといわれている。

手足口病には治療薬がない

 毎年、初夏から初秋にかけて流行するのが「手足口病」だ。ウイルス性の病気で、主に0〜5歳までの乳幼児が罹患する。発熱や口の中の痛み、水泡を伴った発疹が特徴で、潜伏期間は3〜5日。発症しても、7〜10日ほどで治る。

 発熱も軽く、発疹にも痒みなどはあまりみられない。学校保健法でも学校で予防すべき伝染病には含まれておらず、症状が発疹だけであれば、登校や登園も可能だ。重症化することはまれだが、髄膜炎を伴ったり、急性脳炎を起こしたりするケースがある。

 厄介なのは、治療薬がないことだ。熱が出たときには熱さまし、咽喉の水泡に痒みがあったときは口内炎薬、という具合に対症療法をして自然治癒を待つしかない。

 また、原因となるウイルスがいくつも存在するため、一度感染して免疫がついても、別のウイルスによって再発することがある。有効なワクチン(予防接種)もない。

 手足口病の感染経路は、唾や咳からの飛沫感染、水泡をつぶすなどした接触感染、排泄物からの経口感染だ。これを予防するには、普通の風邪と同じく、手洗いやうがいをすること、患者のタオルなどを共用しないこと。感染者の便には、治った後でも2〜4週間ほどウイルスが検出されることがあり、おむつなどの排泄物は適切な処理が求められる。

 手足口病は軽い疾患だと捉えがちだが、それは、あくまで子どもが罹ったときの話だ。

大人の患者約3割が40℃以上の発熱

 国立感染症研究所の発表でも、患者の約9割は5歳以下の乳幼児だが、残り1割は大人が発症している。そして、大人が感染した場合は、より症状が重くなることが多い。

 大人が手足口病にかかると、約3割の患者は40℃以上の高熱を出す。水泡性発疹も、子どもと同じように手・足・咽喉に出てくるが、痒みや痛みを伴うことが多い。

 なかには、足にできた発疹で歩けなくなる人もいる。咽喉の発疹によって、ものを食べるどころか水が飲めずに、脱水症状を起こすことさえある。そのほかに、頭痛や下痢、嘔吐、筋肉痛・関節痛などの症状も報告されている。

 実際に手足口病になった人からは、"二度とかかりたくない病気ナンバーワン"という声が挙がるほど。そして、完治しても予後には注意が必要だ。

 子どもなら新陳代謝がよいせいか、発疹はきれいに消えてしまうが、大人は、皮が剥けたり、しばらく痕が残ったりする。

 今年一番見られた原因ウイルスは「コクサッキーウイルスA16(CA16)」。次いで多かった「コクサッキーウイルスA6(CA6)」では、治ってから1〜2カ月後に爪が剥がれる(爪甲脱落症)ことがある。

なぜ大人だと重症化するのか?

 なぜ、大人だと重症化するのか、その理由は解明されていない。一説には、免疫が関係しているのではといわれている。

 ヒトの体内にウイルスが侵入すると、これを排除しようとして免疫機能が働き、発熱や倦怠感が生まれる。子どもに比べて大人はこの機能がしっかりと働くため、より症状が重くなりやすい。大人の場合は、多少の不調でも仕事や家事を休めず、病気をこじらせてしまうという事情もある。

 治療法が確立していない手足口病は、大人、子どもを問わず、休息や安静が症状を和らげる有効な手段だといえる。
(文=編集部)