Doctors Me(ドクターズミー)- 赤ちゃんのあせもを悪化させないコツってありますか?

写真拡大

赤ちゃんのあせもは悪化するのは見ているほうもツラくなるほど、可哀想ですよね。特に夏場は汗の影響で気づいたら、ひどいあせもになってしまった、ということが起こりがち。そこで今回は、気をつけていても赤ちゃんがあせもになってしまった場合のケアについて医師に教えていただきました。

なぜ赤ちゃんは、あせもになりやすいの?

赤ちゃんの体は、あれだけ小さいながら汗腺の数が大人と同じなのです。そのため、とても汗をかきやすく、これが赤ちゃんのあせもを引き起こす原因だといわれています。

あせもになってしまったら……

まず何よりも大切なのはヒフを清潔に保つこと。汗をかいて帰宅したらお風呂やシャワーで体を洗い流すのはもちろんのこと、外出先でも赤ちゃん用のウェットタオルや汗拭きタオルなどを活用して、できるだけ肌をサラサラにキープしてあげるようにしましょう。

ステロイド剤を不要に怖がらないで!

また、赤ちゃんにステロイド剤を使うことに抵抗のある親御さんが多いのですが、ひどくなってしまった場合には、「火消し」の役割としても適宜、ステロイド剤を使う方がよい場合が多くあります。もちろん、だらだらと長い間使うのは問題がありますので、皮膚科や小児科の先生の指示の下、期間を決めて使うようにしましょう
ステロイド剤をあまり毛嫌いすると、赤ちゃんのつらいかゆみを延々と長引かせることになることがあるので気をつけましょうね。

炎症箇所には抗生物質の軟膏も有効

また、あせもをかき壊してその部位が炎症を起こしてしまった、といった場合は、抗生物質の軟膏などを必要とすることもよくあります。

医師からのアドバイス

自宅でのケアであまり改善がない、広がってきてしまった、といった場合は、やはり早めに小児科や皮膚科を受診し、プロのケアを受ける必要があります。 あせものケアは赤ちゃんの、比較的短い期間であることが多いものですから、しっかり洗浄、保湿、場合によってはステロイドなどのお薬を上手に使って乗り切っていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)