ペンタブレットをハックせよ! 「Cintiq」に見つけた3次元インターフェイスとしての可能性

写真拡大

コンピューターグラフィックスの幾何学形状を物理的に再現するキネティックな構造体「Morphing Cube」にて、CREATIVE HACK AWARD2014のグランプリを獲得した山岡潤一。彼は最近、グランプリの副賞として得た液晶ペンタブレット「Cintiq 24HD」をハックして活用する実験を行っているという。研究者と作家という2つの属性をもつ「クリエイティヴハッカー」らしい独自の視点に迫った。

「ペンタブレットをハックせよ! 「Cintiq」に見つけた3次元インターフェイスとしての可能性」の写真・リンク付きの記事はこちら
応募締切、迫る! CREATIVE HACK AWARD 2015

グラフィックや動画、3Dプロダクトから企画書まで。新しい世界をつくる新しい発想を「ビジネス」に転換させるチャンスを『WIRED』が用意しました。締め切りは2015年9月30日(水)。エントリーおよび作品応募はエントリーページにて受け付けています。審査員からのメッセージなどの関連記事はこちらで読めるほか、CREATIVE HACK AWARDのFacebookページTwitterでも、最新情報をお伝えしています。

横浜スタジアムの真横に位置するとあるビルの2階。「慶應義塾大学SFCソーシャルファブリケーションラボ」と銘打たれた空間に、現在山岡潤一はデスクを有している。山岡は、CREATIVE HACK AWARD2014のグランプリ受賞者だ。

「ここは、ぼくの指導教官だった慶應義塾大学SFCの筧康明准教授と、慶應義塾大学環境情報学部の田中浩也准教授のサテライトオフィスなんです。現在ポスドクの身分なので、ここに身を置かせていただきながら研究や創作を行っています」

そう語る山岡は最近、グランプリの副賞として手にしたワコム製の液晶ペンタブレット「Cintiq 24HD」の、新しい使い方を研究しているという。

「Cintiqはペンの筆圧と傾きを驚くべき精緻さで検知するので、以前からドローイング以外のことに使える面白い方法はないかと模索していたのですが、最近、ワコムがSDK(ソフトウェア開発キット)を公開していることに気がつき、それを使ってオリジナルのソフトをつくってみたんです。

今回書いたのは簡単なプログラムですが、それでも、ペン先が空間中にあるような感じを出すことができました。いずれ、Cintiqを立体操作ができるインターフェイスとして用いた3次元作品をつくってみたいですね」

山岡はもうひとつ、オリジナルの3Dモデリングソフトもつくってみたという。

「ZBrushのような既存のソフトがありますが、ぼくは映画やゲームに出てくるクリーチャーや武器をつくるヴィジュアルアーティストではないので。ペンの筆圧や傾きを検知できさえすれば、例えばたくさん複製してくれたりだとか自由にカスタマイズできる方がいいかなと思って、プログラムを書いてみたんです。STLという3次元形状のデータを保存できる拡張子をつければ、3Dプリンター用のソフトで読み込めますからね。

実験してみて思ったのは、例えば筆圧で高さが変わるように設定することで、より直感的な入力ができるので、いろいろ組合わせていくと3Dペンのような感覚で立体造形ができるようになるんじゃないか、ということです。しかも、液晶画面に直接書き込めるCintiqの場合、既存の3Dペンより圧倒的に使いやすくて精緻なことは間違いないですから、使い勝手もいいと思います。

もちろんCintiqはドローイングツールとしての用途がメインですが、そこに使われているテクノロジーはほかのデヴァイスにはない面白いものばかりなので、ハックのしがいがありますね(笑)」



TAG

Creative Hack AwardWacom

自らの発想で既成概念や既存のコンテクストを解題していく山岡に、CREATIVE HACK AWARDについて訊いてみた。グランプリ受賞後、どのような変化があったのだろうか?

審査員だったライゾマティクスの齋藤精一さんにお声がけいただき、六本木アートナイト2015に参加させていただいのが、大きかったと思います。六本木にあるペルシャ絨毯のショップのショーウィンドーに「Morphing Cube」を設置して、絨毯をふわふわと動かしたんです。

この展示を見てくれた人が意外と多かったようで、その後、広告会社の方からサイネージとして使いたいという相談を受けたり、ファッション関係の人から問い合わせを受けました。そうやってつながっていくきっかけをもらえたことが、CREATIVE HACK AWARDに応募していちばんよかったことだと、いまでも思っています」

今年のCREATIVE HACK AWARDの応募締切は9月30日。現在応募を考えている未来の「クリエイティヴハッカー」たちにアドヴァイスをするとすれば?

「先程の『つながりが生まれた』という点もさることながら、作品に対して審査員の方々からコメントをいただけたり、大勢の前でビジネスピッチをする機会をもらえたというのも、なかなか体験できない貴重なことだと思います。ぜひ作品を応募して、その権利を掴まえてほしいと思います。

そういえば今年からバイオアーティストの福原志保さんが審査員に加わっていますよね。『この審査員に作品を見てもらいたい』ということで応募する人も少なくないと思うので、これまで以上にいろいろな領域の視点の作品が集まるのではないでしょうか?」

最後に、今後の活動についての見通しを訊ねてみた。

「最近、デジタルやCGを現実世界にもってくる、という考え方自体が同時多発的に現れていると感じています。研究自体は以前からありましたが、プログラマー出身者がアーティストをやっているケースが増えたからなのか、表現としても増えてきていると思います。だからこそ、もっと先を見据えたアイデアや技術から表現をつくり出していきたいと思っています。

もっと言うと、データをものに溶け込ませる、といった表現が多いので、データを身体にまで溶け込ませるような表現ができればと思っています。その流れで、富山県のある伝統工芸の業とテクノロジーを組合わせるプロジェクトをいま進めています。

伝統工芸とテクノロジーというとプロダクトに寄りがちなのですが、もっと業の方にフォーカスしようと思っていて、年明けには発表したいと思っています。

要はこれまで以上に、研究と作家活動を一本化するというか、ひとつのことをやっているけれど、それが研究としても語れるし作品にもなる、というところを目指していきたいと思います」

山岡潤一|JUNICHI YAMAOKA
1988年生まれ。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)。 手作業などの創造活動を支援するファブリケーションツールの開発や、ヴァーチャルリアリティなどにかんする研究に従事。UISTやSIGGRAPHなどの国際会議で発表。またフィジカルとデジタルを融合させたメディアアート作品を制作・発表している。CREATIVE HACK AWARD 2014 グランプリ受賞 、TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD 2014 デザイン部門準グランプリなど。http://junichiyamaoka.net/

CREATIVE HACK AWARD 2015最新情報

TAG

Creative Hack AwardWacom