活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスから体を守る重要な物質ですが、過度に活性酸素が発生すると皮膚や内臓、骨などあらゆる組織にダメージが及び、老化や病気の原因となる側面もあります。活性酸素を無害なものにしたり除去する働きをするのがスカベンジャーです。ここではスカベンジャーとなるいろいろな栄養素をご紹介します。

スカベンジャーとして体内で生成される酵素

人の体には老化の原因となる過剰な活性酸素を除去する働きが備わっています。それが体内で生成されるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンなど、スカベンジャーとなる酵素です。ただしこれらの酵素の生成のピークは20才前後で、加齢と共に少なくなってしまうことで老化が進んでいくと考えられています。酵素の原料となるのはタンパク質。たんぱく質は20種類のアミノ酸からでいていますが、そのうち8種類は体内で生成できません。良質なタンパク質を意識して摂ることで酵素を増やすことができます。

ビタミンにもスカベンジャーの働きがある

年齢によって減少する酵素の働きを補うには、活性酸素を除去する働きのある栄養素を摂るのがおススメです。代表的なものは、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなど。これらのビタミンは抗酸化力が強く、活性酸素を無害なものに変えてしまう働きがあります。ただ、体内の活性酸素をすべて除去するには、1日に何kgもの野菜を食べなくてはいけません。バランスの良い食生活を心掛けるのはもちろんですが、スカベンジャーを多く含むドリンクやサプリメントを利用してもいいでしょう。

ポリフェノールにもスカベンジャーの働きが

最近、スカベンジャーの役割を担う成分として注目されているのがポリフェノールなどの栄養素です。アントシアニンは赤ワインやブルーベリーなどに多く含まれますが、血液中の悪玉コレステロールにくっつき、活性酸素によって酸化されるのを防ぐ働きがあります。また、ゴマに含まれるセサミンやセサミノールなどのゴマリグナン類にも、悪玉コレステロールの酸化を防ぐほか、肝臓で活性酸素が発生するのを抑える働きがあると言われています。

いかがでしたか? 活性酸素を撃退する働きがある栄養素はいろいろあります。これらの栄養素を含む食品を意識して食事に取り入れることで、老化の原因となる活性酸素を減らし、いつまでも若々しい体を保ちましょう。


writer:岩田かほり