左から主催の毎日放送の塩崎氏と山田氏、LPGAの小林会長と鈴木理事(撮影:ALBA)

写真拡大

 昨年末の日程発表時には概要が未定となっていた大会、「女子プロゴルフ ワールドシリーズ ツアー対抗 クイーンズカップ(仮)」。1日(火)、都内のホテルで記者会見が行われ、その正式な名称、開催コース、競技方法などが発表された。
国内女子ツアーの特選フォトは「写真館」で!
 昨年までは日韓の対抗戦だったが、オーストラリア女子プロゴルフ協会(ALPG)、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)、ヨーロッパ女子プロゴルフツアー(LET)、日本女子プロゴルフ協会(LPGA of Japan)の4ツアーによる対抗戦にスケールアップ。
 特別協賛に興和株式会社を迎え、大会の正式名称は「THE QUEENS presented by KOWA」に。会場は昨年の日韓戦と同じ愛知県の三好カントリー倶楽部・西コースで、12月4日(金)からの3日間の日程で行われる。
 競技は国内女子ツアーでは唯一のフォアボール、フォアサム、シングルスでのマッチプレー方式を採用。各ツアーから出場者数は賞金ランク上位者など9名。各ツアーによって選考方法が異なるが、日本ツアーは日本女子オープン終了時点の日本国籍を有する賞金ランク上位7名と主催者推薦2名が出場することになっている。現状、イ・ボミ(韓国)やテレサ・ルー(台湾)などが賞金ランク上位にいるが、彼女らは日本チームには入れないようだ。
 会見に出席した小林浩美・日本女子プロゴルフ協会会長は「来年からはゴルフが112年ぶりにオリンピックに採用される中、ますます世界での活躍が期待される環境となっております。スポーツの中で女子ゴルフが世界でさらにその価値を高めるため、各国のツアーが結束し、相互発展と目指しております。今回このチーム対抗戦が日本で初めて開催されることになり、大いにやりがいを感じております」とコメント。
 米国女子ツアーは日程の関係で不参加となったが、ALPGチームには世界ランキングによる出場資格があり、リディア・コ(ニュージーランド)やカリー・ウェブ(オーストラリア)ら実力者たちが参戦する可能性がある。
 また、KLPGAチームは韓国ツアーの選手がメインとなるが、ク・ジャヨン会長が「ドリームチームを出場させる予定」と話しており、推薦でインビー・パークらが出場する公算が高い。“世界”と戦うことができるこの試合は、日本のプレーヤーにとっては大きな意義を持つだろう。五輪に向けてもいい経験が積めるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>