Xboxコントローラーで操作する「ドローン撃墜」レーザーシステム(動画あり)

写真拡大

ボーイングが、ドローンをレーザーで撃墜できるコンパクトな装置を発表した。「Xbox」のコントローラーとノートPCで操作でき、簡単に移動可能だ。

「Xboxコントローラーで操作する「ドローン撃墜」レーザーシステム(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ボーイングが、あらゆるドローンにとって悪夢のような技術を発表した。レーザーによる最新の対ドローン技術「コンパクトレーザー兵器システム」(Compact Laser Weapons System)だ。

Compact Laser Weapons Systemは、持ち運び可能で、三脚に設置する。クアッドコプターに穴を開けることが可能な高出力レーザーを搭載し、ドローンをほんの数秒で墜落させることができる。

ボーイングが2014年9月に発表した、より破壊力のある先行技術「高エネルギーレーザー移動デモンストレーター」(HEL MD)と同じく、この対ドローンのレーザーも、「Xbox」のコントローラーとノートPCで操作でき、スーツケースサイズの箱、4箱分に収まる。

HEL MDと違い、今回の対ドローンのレーザーは戦場向けではない。今後数年間で配備されると伝えられているこのレーザーは、主に機密エリア上空のドローン撃墜に使われることになっている。

レーザー兵器への野心は大きいが、ただ、似たようなレーザー兵器は、フルパワーの状態を長時間にわたり維持するのに苦戦したり、ほこりや霧に妨げられたりと、なかなか期待に応えられていないものが多い。

TAG

BoeingDroneLaserVideoWIRED UK