写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは8月31日、eReaderを除いた国内タブレット市場の2015年第2四半期(4〜6月)の出荷台数実績値を発表した。

これによると、2015年第2四半期のタブレット端末の出荷台数は169万台で前年同期比13.4%の大幅減となった。家庭市場において大型スマートフォンの影響などから需要が縮小し、前年同期比26.0%減の115万台となっている。下半期の新製品投入に向け、各社が在庫調整を行ったことも急減の一因だという。

一方のビジネス市場では、B2B2C用途でのAndroidタブレットや企業向けWindowsタブレットの需要拡大に伴って出荷台数は前年同期比35.0%増の54万台となり、ビジネス市場がタブレット市場全体を底支えした形だ。

国内タブレット市場出荷台数の上位6社は、アップル、エイスース、マイクロソフト、LG、ソニー、NEC Lenovoグループ。アップルは、前年同期比8.1%減と出荷台数を落としたものの、42.3%という高いシェアを維持している。2位のエイスースは、従来のNexus 7シリーズの後継であるMeMOシリーズの出荷が、第1四半期同様好調に推移したことで、10.5%とシェアを拡大している。

今後の見通しに関しては、「家庭市場において大型スマートフォンの普及により、タブレットならではのメリットがわからない状況となっていることから、大型スマートフォンとは別の土俵としての新しいユースケースの開発が望まれる状況となっている」と同社では考察している。