キャンペーン・キャラクター「てんけんくん」

写真拡大

一般社団法人日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、毎年9月1日から10月31日までの2か月間、「マイカー点検キャンペーン」を開催している。2015年は「要チェック 今日の天気と マイカー点検」をスローガンに、自動車の適切な点検・整備を促し、事故防止につなげる。

各地で「マイカー点検教室」開催

安全な運転のためには、日頃からの点検・整備が欠かせない。たとえば燃料ホースなどに亀裂が生じると、燃料漏れからの車両火災につながることがある。また、ブレーキランプが切れてしまうと、後続車との追突事故によって、他の車も巻き込むリスクがある。

「マイカー点検キャンペーン」は1986年にスタートし、今年で29回目。自動車部品は、日々の走行や時間経過で劣化するため、重大な事故を防ぐには「点検・整備」が大切だ。定期的な点検を呼びかけるため、キャンペーン中には全国各地で「マイカー点検教室」(無料)を行う。

マイカー点検教室では、配布される「マイカーハンドブック」を教材にして、タイヤ交換やバッテリーがあがったときの対応などを紹介する。イベントの日程や開催場所については随時、日整連のウェブサイトに掲載される。