写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コイニーは8月31日、モバイル決済サービス「Coiney(コイニー)」で、この秋にICカード対応端末「Coiney ターミナル」をリリースすると発表した。

この端末では、接触IC取引だけでなく、NFCにも対応。将来的にVisa pay WaveやMasterCardコンタクトレスといった非接触IC取引や、Apple PayやAndroid Payへの対応を目指す。

本体サイズは縦105mmx横71mmx高さ18mmで、本体重量は118g。リチウムイオン電池(800mAh)で稼働し、USBで充電できる。

また、従来の磁気ストライプリーダーからCoineyターミナルへの移行期間に、コイニー加盟店で、偽造カードによる磁気取引を起因としたライアビリティー(債務責任)が発生した場合、同社がその加盟店を保護する「コイニー加盟店保護プログラム」を利用できる。