■8月特集 リオ五輪まで1年、メダル候補の現在地(12)

 8月22日から開催された世界選手権初日には男子、最終日の30日には女子が行なわれたマラソン。来年のリオデジャネイロ五輪へ向けて、明るい話題を提供して欲しかったところだが、ともにメダルへの遠さを実感させられるだけの結果に終わった。

 初日に行なわれた男子は、暑さとの戦いにもなった。最初の5kmはデチャサ(バーレーン)が先頭に立ち、16分06秒と遅い入りも、先頭が何度か入れ替わった10kmまでは15分45秒までペースアップ。その後の5kmは16分00秒と、多少のアップダウンがある展開で進んだ。

 そんな中、日本勢は藤原正和(ホンダ)が集団の前方につけ、前田和浩(九電工)は後方に位置し、余裕を持って走っているように見えた。だが前田は15kmから徐々に遅れだし、19km過ぎには脚が痙攣してしまった。

 また、余裕十分に見えた藤原も、16km手前からケニアとエチオピアの選手が集団をつくってペースアップをすると、第2集団に取り残された。その後は19km付近で大集団に戻ったものの、21km手前から再び遅れ始めてジワジワ離されると、25kmには完全に脱落した。

 レースは30kmからスパート合戦が始まってペースが上がり、35km過ぎにはツェゲイ(エチオピア)と19歳のゲブレスラシエ(エリトリア)の一騎討ちに。結局ゲブラスラシエが40kmまでを14分53秒で走り、2時間12分28秒で優勝。さらに前半から中盤にかけて飛び出すなど駆け引きしていたデチャサは5位、ペルティーレやメウッチ(ともにイタリア)も、きっちりと4位、8位に入賞し能力の高さを見せつけた。

 それに対し日本勢は、日本陸連の宗猛男子長距離マラソン部長が「レース前の予測では、今井正人(トヨタ自動車九州)の暑さへの適応能力の高さを考えると、8位以内入賞はあると思っていたので、彼の欠場は痛かった。今回、世界との力の差を実感させられるレースだった」と言うように、藤原が21位で前田が40位という惨敗に終わった。

 一方女子は、ケニアが一線級を出してないこともあり、曇りで涼しめの条件ながらも25kmまでは17分40〜59秒台という超スローペースの展開になった。日本勢は集団の上位に位置し、時には先頭に立って集団を引っ張ることも。中でも重友梨佐(天満屋)は21kmから29km付近までトップに立ち、ペースアップをする雰囲気も見せた。だがペースは17分台中盤以降でさほど変わらず。重友本人も「給水のたびにペースが上下するのが得意ではないので、同じリズムを刻んでいこうと思っていた。そうしたら誰も前に出ないのでああいう形になった」と言うように、自ら仕掛けたわけではなかったという。

 そんな余裕を持ったレース展開ながら、34km手前でケニア勢がスパートすると、日本勢は一気に突き放された。そのまま前田彩里(ダイハツ)と重友はズルズルと後退。

「30km手前できつくなったが、北京入りしてからの試走は35kmからしかやらず、そこからの勝負しか考えていなかったので、まずはそこまで行こうとだけ考えていた」と言う伊藤舞(大塚製薬)が、粘り切って7位入賞を果たし、リオデジャネイロ五輪代表内定を勝ち取ったのが唯一の収穫だった。

 それでも、勝負という面ではまったく参加できていなかったことは否定できない。武冨豊女子長距離マラソン部長は「日本選手の場合は後ろから行くレースをするのは得意ではない。今日のように先頭に立って集団を(コントロールして)遅いペースにしない上で、24〜25kmくらいで仕掛けるなど、集団の人数を少なくしていく必要がある」と言う。それが今の日本チームが狙う、入賞を確保する方法だという認識だ。

 それをするためには日本人選手が協力しながらペースを維持し、交互に仕掛けるなどのチームとしての戦略も必要になってくる。

 そんなチーム意識の必要性は男子にも言えることだ。宗部長はリオへ向け「現在の戦力では厳しい状況。若手など勢いのある選手が出てきて、その中から暑さに適応できる選手を選べば戦えると思う」と厳しい見通しを口にした。

 個人の力で戦うことが難しいようなら、チームで戦うしかない。代表が決まったら補欠も含めてナショナルチームに招集し、クリアすべき課題やレース当日の条件に合わせた最善の作戦などを提示し、チームとしての戦法や目標を各選手とコーチたちが共有する必要があるだろう。

 競歩は数年前から有力選手が一堂に会して合宿を行ない、練習法や情報などを共有しながら強化をしている。その効果に加え、選手たちにもチーム意識が生まれてきたことが今大会、50kmで3位、4位の成績を残せた要因のひとつだ。

 また、08年北京五輪女子マラソンでは19km付近でノーマークだったコンスタンティナ・ディタが少し抜け出すと、リディア・シモン(ともにルーマニア)がすかさず集団の先頭に立ってペースをコントロール。その差を広げさせて逃げ切り優勝のアシストをした。そんなチームプレーもあるのだ。

 リオまではあと1年しかない。短い期間でも何か戦略的な新しい試みをし始めなければ、また今回のような結果が繰り返されることになるだろう。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi