第十八条 (奴隷的拘束及び苦役の禁止)

何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

(つづく)