写真提供:マイナビニュース

写真拡大

子供から高齢者まで、幅広い年齢層に愛好者が多いテニス。トッププロともなれば、時には決着がつくまで3時間以上かかることもあり、とてもハードなスポーツの一つだ。

自身の肉体が最大の資本となるプロプレーヤーたちだが、おのおのの"武器"は異なる。大きな上背を生かしたビッグサーバーもいれば、決して大きくない体ながらもアジリティーや持久力などで勝負する選手もいる。

それでは、一体どの選手が自身の思い描く「理想的な体形」に映るのだろうか。今回、男性のマイナビニュース会員221名に「理想的だと思う男性のテニス選手の体形」について聞いてみたので、理由と併せて紹介しよう。

Q.あなたが理想的だと思う男性のテニス選手の体形を教えてください

1位: 錦織圭(56.1%)

2位: ノバック・ジョコビッチ(16.7%)

3位: ロジャー・フェデラー(7.7%)

4位: ラファエル・ナダル(4.5%)

5位: アンディ・マレー(3.6%)

■錦織圭
・「小さいながらばねがあっていいと思う」(27歳男性/生保・損保/営業職)
・「引き締まった足、腕。最高です」(47歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「スタイルが良く美しい感じがするから」(30歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「腕の筋肉がカッコよくて理想の体形」(27歳男性/情報・IT/技術職)
・「瞬発力を損なわないスタイル」(40歳男性/その他/その他)

■ノバック・ジョコビッチ
・「身長が高く手足が長くて、足も速いのでラリーに強いから」(50歳以上男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「広い肩幅と手足の長さが良い」(43歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「知的なマッチョ感」(46歳男性/その他/クリエイティブ職)
・「背もあるし強打しても耐えられる体幹があるのが素晴らしい」(44歳男性/情報・IT/技術職)

■ロジャー・フェデラー
・「身長も高めでバランスのいい体形だと思うから」(35歳男性/情報・IT/技術職)
・「スピード感が違います」(24歳男性/自動車関連/技術職)
・「サービス、ストロークともに素晴らしく、繊細なコントロールもできる体形だから」(36歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

■ラファエル・ナダル
・「筋肉のバランスが良さそう。ふくらはぎや足の筋肉がすごい」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「極限まで絞り込んで無駄な肉が全くない体がかっこいい」(42歳男性/自動車関連/技術職)
・「顔と体のバランスが良くて、これぞ欧米人という憧れのスタイルをしているから」(36歳男性/機械・精密機器/営業職)

■アンディ・マレー
・「手足の感じが『身体能力が高そう』と思えてよい。全体的な能力水準が高くてテニス以外でも成功しそう」(37歳男性/金融・証券/営業職)
・「全身バネといった感じで、ダイナミックさを感じる」(35歳男性/金属・鉄鋼・化学/その他)

■総評

6割弱の回答者の支持を得た圧倒的な1位は、最高で世界ランキング4位にまで上りつめた日本テニス界の雄・錦織圭選手だった。身長は178cmと、テニス界では決して大柄ではないが、敏しょう性を生かしたストロークや多彩なショットなどを武器とする。「俊敏性を感じる」などのスピードを感じさせる体形を褒めたたえる声と、「身長と筋肉のバランスがいい」など、適度な筋肉質の体を評価する声が大半だった。

2位は「絶対王者」として世界ランキング1位に君臨し続けるノバック・ジョコビッチ選手(セルビア)。188cmという高身長ながらもスピードもあり、鉄壁のディフェンスと堅実なプレーで勝利を積み重ねる。寄せられた回答にも、「身長はもとより手足も長くどんな球でも取れそうな感じがする」(50歳以上男性/建設・土木/技術職) などのように、身長に目をつけたものが多かった。

3位は34歳にして今なお、世界のトッププレーヤーとして活躍するロジャー・フェデラー選手(スイス)。サーブ、フォア、バック、ボレーなど、どのショットもレベルの高いオールラウンダーとして、いくつものプレースタイルを持つ。それだけに、「スピードのある体つき」「高い身長」など、回答者があこがれる点もさまざまだった。

今回1位となった錦織選手を含むランクインした全選手は、現在アメリカで開催されている全米オープンに出場。今年最後のグランドスラム優勝を目指している。今回のランキングでは錦織選手が圧倒的な強さで"優勝"となったが、実際の錦織選手は1回戦でブノワ・ペア選手(フランス)にセットカウント2-3で敗れ、初戦敗退を喫してしまった。

調査時期: 2015年8月14日〜8月20日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性221名
調査方法: インターネットログイン式アンケート