アートなクラゲに癒される!「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」

写真拡大

夏に、涼を求めて水族館デートを楽しんだ女子も、秋からは、アートとともに癒される水族館女子会がオススメ。

2015年9月9日(水)から12月27日(日)まで、東京スカイツリータウン・ソラマチにある「すみだ水族館」では、写真家・蜷川実花さんとの初のコラボレーション企画「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」が期間限定でオープンする。壁と天井に約5000枚の鏡を敷き詰めた「クラゲ万華鏡トンネル」の中にある、8つのクラゲ水槽や壁面に、蜷川実花さんが撮影した作品を投影するそう。
投影されるのは、昼と夜の2つのバージョンで制作されたという、蜷川さんの新作写真。昼バージョンは、南国の花や海、空といった自然の姿で、夜バージョンは東京の夜景や高速道路、渋谷のスクランブル交差点など都会の姿なのだとか。海の中を漂うような幻想的なアート空間を体験できそう。

「映像はクラゲの後ろに投影されるため、作品の中をクラゲが自由に泳ぎ回っているような不思議な感覚を楽しんでいただけると思います。今回の展示のために作られたヒーリング系の音楽が流れ、このために調合されたアロマもほのかに香るので、全身でアートな空間を楽しんでいただけます」と、広報担当の近藤さん。


また、期間中の毎週金曜日19時半から、クラゲの秘密に迫る!オトナ女子限定「ふわふわクラゲガール」も開催。これまで好評だった体験プログラム「ふわふわクラゲ」を、今回はじめて女子限定で行うのだとか。

「こちらは、ビンに入れたマイ・クラゲと触れ合っていただけるプログラムで、以前から女性に人気だったものです。透明なミズクラゲにゴハンをあげると胃の中に入っていく様子が見えるなど、日常から離れて、ゆっくりと不思議なクラゲの生態を観察することができます」(同)

各回10名だけの募集で公式HPより事前予約が必要だから、仕事帰りに癒されたい女子は早めにチェックして。

アートなクラゲ万華鏡トンネルを満喫して、手の中のクラゲに癒される金曜日の女子会があれば、週末も元気になれるかも。