メタボ対策に食べ過ぎに気を付けている方は多いでしょう。でも本当に大切なのは、食事の量よりも栄養バランスです。食事の量を減らすことに熱心になるあまり栄養が偏ってしまうと、代謝が上がらず逆に太ってしまいます。スマートで健康な体を作るために、基本的な栄養の知識を押さえておきましょう。

三大栄養素は体を作るために必須!!

炭水化物、タンパク質、脂質は三大栄養素と言われ、人の体を作り、維持するために欠かせないものです。

炭水化物

白米やパン、パスタなどに多く含まれる炭水化物は、体を動かすエネルギーとなるものです。特に脳や神経系にとっては唯一の栄養源なので、極端に減らしてしまうのは危険です。

タンパク質

肉や魚、卵などに多く含まれるたんぱく質は、筋肉や内臓など、体を作るもととなるものです。ホルモンの分泌にも重要な役割を果たしているので、不足すると深刻な不調を引き起こします。

脂質

ダイエットの敵と思われがちな脂質は、体温を保ち、体のエネルギー源になります。不足すると疲れやすくなり免疫力も低下するので、適度に脂質を摂ることはとても大切です。

ビタミンやミネラルがなければ体は動かない!

三大栄養素をしっかり摂っても、ビタミンやミネラルがなければ体を動かすことはできません。ビタミンやミネラルは、野菜や果物に多く含まれます。特にビタミンB群は、三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質を代謝するために必須。せっかく食べた三大栄養素も、代謝されなければエネルギーとして活用されないばかりか、脂肪として体内に貯蔵されることになってしまいます。つまり、メタボ体質一直線、というわけですね。

さらにもうひとつの栄養素、食物繊維だって重要!

食物繊維は体の中で吸収されないので、“栄養”素とは言えないかもしれません。腸内環境を整えて老廃物を排出したり、体内のコレステロールを吸着して排出する重要な働きを担っています。野菜やキノコ、海藻類に多く含まれますが、やはり不足してしまうと、健康な体を維持できない、大切な栄養素なのです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素が不足すると、せっかく食べた三大栄養素を活かすことはできません。「〇〇だけ食べるダイエット」や「○○を食べないダイエット」では栄養のバランスが崩れてしまい、逆に太ってしまうこともあります。飽食の時代と言われる現代は、食べ過ぎに注意が向きがちですが、その陰に隠れているのが栄養の偏りによる栄養不足。健康的な体を保つためにも、栄養バランスを考えた食生活を心掛けましょう。ビタミン・ミネラルだけはサプリメントで補うのも一つの方法です。


writer:岩田かほり