「まず、両足立ちから腰を曲げ、前屈運動をしてください。手が床につけば問題ない。届かなくても、床から5〜8センチほどまで手が到達していれば、まだセーフです」
 こう語るのは、元AV女優でスポーツ(ヨガ)インストラクターでもある、竹下ななさん。

 のっけから前屈運動=柔軟性に関する話から始まったが、実はコレ、ななさん流の“EDチェック法”なのだ。
 「EDになる要因は大きく二つあります。一つは加齢で、もう一つは生活習慣病です。そして、これら双方に通じるのは“血管が硬くなること”。体の硬さは血管の硬さでもあるのです」

 お分かりだろうか。前屈運動をするだけで、体の硬さ=血管の硬さ=EDになる確率が判明するのだ。
 「最近は『近い将来、EDになるのではないか?』と不安を抱えている方が多いんです。一番怖いのは、そうした不安が膨らむと心因性のEDを引き起こしてしまうこと。そうならないためにも、常日頃からEDチェックをする必要があるのです」
 自分はまだ大丈夫と自信が持てれば、セックス時も肉棒は堂々と屹立しやすい。逆に“もしかしてダメかもしれない…”という不安があれば、本来は勃つものも勃たない。そのため、いま現在の自分のED状況を知っておくべきなのだ。

 ちなみに、血管の硬さがEDとなる理由は…。
 「血管が若くて弾力性があれば、勃起時により多くの血液を海綿体に流入することができます。ところが、血管が硬くなると海綿体への血液の流入が滞るようになり、フニャチンや中折れになりやすいわけです」

 言い換えれば、血管を若く保っていれば、アッチは生涯現役でいられるのだ。
 その方法は言うまでもなく、柔軟性を高めること。
 「特に重要なのは、下半身の柔軟性です。本当は普段からスポーツジムに通ってトレーニングをしたほうが良いのですが、なかなか時間が取れない方も多いと思います。そこで、柔軟性を高めるウオーキングを伝授したいと思います」

 なんとウオーキングも、やり方次第で下半身の柔軟性をアップできるという。
 「まず重要なのは、足の踏み出し方。できるだけ意識して、つま先がまっすぐ前を向くようにして歩いてください。実はコレ、当たり前のように思えて、多くの方が出来ていません」

 記者も試してみたが、何も意識せず歩くと、つま先は若干、右に左に傾いているのだ。
 「真っ直ぐ踏み出すことで、膝から股関節にストレッチが効くんです。さらに胸を張りつつ、お腹を引っ込める姿勢を意識してください」

 これも簡単に思えて、しばらくこの姿勢で歩いてみると、結構キツい。だが、いわゆる“颯爽とした歩き方”になっているのだ。
 こうした歩き方を日頃から行っていれば、次第に体は柔らかくなり、下半身も元気になるという。
 「それ以外にも時間に余裕があれば、スクワットを取り入れることをお勧めします。スクワットはED解消運動として最強ですからね。歩き方に注意して最後にスクワット! これで一気に若返ると思いますよ」

 まずは自分の歩き方を見直してみよう!

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。