写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月7日にDVD&Blu-rayで発売されるVシネマ『特捜戦隊デカレンジャー10 YEARS AFTER』の完成披露試写会が30日、都内で開催され、メインキャスト6人が舞台あいさつに登壇した。

本作は2004年2月から2005年2月まで全国テレビ朝日系で放送され、「スーパー戦隊シリーズ」第28弾の特撮TVドラマ『特捜戦隊デカレンジャー』の完全新作で、オリジナル・キャストが再集結。今回はデカレンジャーたちが地球の危機を救ってから10年。宇宙警察特殊部隊「F・S」(ファイアー・スクワッド)で活躍を続けるバンをはじめ、かつてのデカレンジャーたちは、それぞれ新たな道を歩んでいた。しかし、ある事件をきっかけにデカレンジャー6人は再び集結し、事件の真相に迫っていく。

この舞台あいさつには、F・Sデカレッド/赤座伴番役のさいねい龍二、デカブルー/戸増宝児役の林剛史、デカグリーン/江成仙一役の伊藤陽佑、デカイエロー/日渡茉莉花役の木下あゆ美、デカピンク/胡堂小梅役の菊地美香、デカマスター/ドギー・クルーガー役(声)の稲田徹の6名が登壇した。

まず、さいねいが「皆さん、ただ今、帰ってまいりましたー!」と呼びかけると、ファンからの「バン、おかえりー!」という大きな声援と拍手。続く林は、観客からの「相棒ーっ!」という呼びかけに「相棒って言うな!」とデカブルーの口調で声援に応えた。また、最近、林はプロサッカー選手・本田圭佑選手に似ていると周りから言われていることを告げた後、「……安心してください。林剛史です!」と、現在ブレイク中の芸人のモノマネで会場を盛り上げた。

さらに、菊地は「本当にうれしい。10年前からのファンもいらっしゃって、当時の記憶が蘇ってきました」と、感激に目を潤ませる。そして、ドギー・クルーガー風のマスクを装着して登場した稲田は「ようやく公式のデカレンジャーのイベントに出ることができました。この日を10年待ってました!」とあいさつし、ファンから喝采を浴びていた。

本作で人間的に大きな成長を遂げているバンについて、さいねいは「賢くなってます。筋道をちゃんと立てられるし、人の使い方もうまい。僕もああなりたい」と、自身の役柄をしみじみと絶賛。すると、菊地からは「なってるよ!」と暖かいフォローが入り、キャスト陣たちの仲のよさが伺える一幕も。

また、本作ではセンとウメコのロマンス的シーンも登場するという。しかし、ウメコを演じた菊地からは「あの2人は付き合ってるんですかね?」とあっけらかんとした発言に、すかさず、セン役の伊藤は「いやいや。あれは、付き合ってるでしょ! ……お願いだから付き合ってください!」とまさかの告白。菊地は「……よろしくお願いします」と照れた表情を浮かべながらノリの良い返事をして、会場からは大きな拍手が起こった。

さらに10年ぶりとなるデカレンジャーが勢ぞろいしての変身シーンは、撮影の最後だったことも明らかに。菊池は「うまくいったら終わっちゃうし、うまくいかないのも悲しい」と複雑な心境を告白した。また、その変身シーンを間近で見て「めっちゃカッコイイな」と大号泣したという稲田。「10年経って、目の前にデカレンジャーがいるんですよ。そりゃ泣くでしょ」と当時を振り返った。

そのほか、仕事の都合でイベントに参加できなかったデカブレイク役の吉田友一からのビデオメッセージもスクリーンで上映。吉田は、デカレンジャー復活の喜びに加え「10年経っても収録中にファンからのメッセージが届いたりして、本当に愛され続けている作品だなと思います」とファンへの感謝を伝えた。最後のあいさつで、さいねいは「皆さん、SNSで『面白かった!』『これは買い!』『永久保存版!』といったキャッチーなコメントを、『拡散希望』の文字とともに宣伝してください。いろんな人にこの作品の面白さを広めてほしい」と締めくくった。

Vシネマ『特捜戦隊デカレンジャー10 YEARS AFTER』DVD&Blu-rayは10月7日に発売。

(担当ぱぴい)