フィルム時代の特撮を支えたオプチカル・プリンター  ※写真提供 光学太郎、日本エフェクトセンター

写真拡大

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD』によって、再び注目を集めた日本の特撮技術。9月19日(土)の後編公開を前に、日本の特撮技術とは何なのかを振り返ってみましょう!

大人のいまこそ聴きたい!「特撮ソング」名曲集

日本特撮の歴史 円谷プロの挑戦

特撮とは、そもそも何なのでしょうか? 「ちゃんねる16」「日本エフェクトセンター」などでVFXコンポジターとして、さまざまな作品を手掛けてきた内田剛史氏(現フリー)に、話を聞きました。

特撮とは、一般的にミニチュア撮影をベースとした特殊撮影全般をさす言葉で、そのなかの1パートとして合成があります。合成は、ハリウッドで戦前に製作された『キングコング』(1933年)などで、世界中に認知されました。

この技術は、日本でも、特撮の神様と賞された円谷英二氏が開拓。戦時中、『ハワイ・マレー沖海戦』をはじめとした戦記物で頭角を現した彼は、海外の特撮が人形を使ったコマ撮りを基本としたのに対し、着ぐるみを使用した『ゴジラ』(1954年)を製作したのです。その後、『ガメラ』をはじめ、この技術を用いた作品は、邦画各社で製作されました。

そして、1960年代後半にはテレビの特撮番組の普及により、子どもたちの間で“怪獣ブーム”が起こったのです。

フィルム時代の合成技術

では、合成とはどのような技術なのでしょうか? 

ミニチュアセットの中で暴れる巨大な怪獣、実際のセットやロケーションのなかを逃げ惑う人間たち、爆破シーンなどが、特撮の醍醐味。これらは別々に撮影されるので、ふたつ以上のフィルムを合成して、ひとつのフィルムにしなければなりません。

これを可能にしたのが、現像済みのフィルムを再度、別のフィルムに光学的に焼き付けることができる「オプチカル・プリンター」でした。

オプチカル・プリンターは1920年代にアメリカで開発されましたが、日本では円谷氏が戦時中に独自で手動式のものを製造。『マタンゴ』製作時の1963年、ようやくアメリカ製のスリーヘッド方式オプチカル・プリンターが購入されました。これは、3つの映像を一度に合成するものです。

デジタル化で「特撮」はどう変わったか?

しかし、それでも満足しなかった円谷は、当時、約4000万円もしたというフォーヘッド方式オプチカル・プリンターの購入を画策。特撮番組を制作するという契約のもと、TBSが購入しました。そして『ウルトラQ』『ウルトラマン』などのシリーズが登場したのです。

オプチカル・プリンターは各社にも普及し、多くの特撮映画、特撮番組が作られました。現在も人気の『仮面ライダー』シリーズや『戦隊』シリーズ(ともにテレビ朝日系)、NHKの少年ドラマシリーズなどの子ども向けのもの、『日本沈没』や『東宝8.15』シリーズといったSF、大作、時代劇などでも、合成技術は重宝されていきます。

しかし、1990年代に入ると徐々にCG(コンピューター・グラフィックス)による合成が可能になり、フィルムで映画を撮る時代も終焉を迎え、オプチカル・プリンターを使った合成は行われなくなっていきます。

また、その一方でCGの技術の発達は、ミニチュアや着ぐるみによる特撮も過去のものにしようとしています。壊れていくセットや爆破シーン、怪獣そのものなども、CGで製作でき、細やかな動きを造れてしまうのです。

そして、『ヤッターマン』や『ガッチャマン』など、実写化不可能といわれていたアニメなどが次々実写化されました。たとえば、現在放送中の『ど根性ガエル』などを見れば、その技術躍進には目を見張るものがありますよね。

今回、話題を集めている『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD』では、着ぐるみではなく巨人に扮した俳優という形ではありますが、日本が培ってきた怪獣映画へのオマージュが捧げられているようにみえます。CGだけでは作れないダイナミズムが、そこにはあると思えるのです。

一方、一般家庭においても、「Adobe After Effects」の普及により、パソコンで簡単に合成が出来るようになってきました。これにより、自主製作による低予算作品でも、商業作品と遜色のない特撮作品を制作するツワモノも増えてきたように思えます。

これらの作品の中から、次の日本の特撮界を背負う才能が現れるのではないでしょうか?